サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 21日

日本へ出発前日ー到着日ー翌日


始まりと終わりくらいは、日記形式で残そうかと思った。

日本滞在中に毎日、記していた、この覚書(兼メモ帳、兼お買い物の記録)
e0019614_136239.jpg


日本での毎日が、ただ、過ぎてしまうのが惜しくて、前回の滞在の時も作った
このノートと、まだ新しい記憶をたよりに。

夕飯は<Chill,s>に
e0019614_53527100.jpg


半分も食べられなかった。
e0019614_5355285.jpg


e0019614_536890.jpg


フライトの前日は、今回もまた、あれやこれやで落ち着かなかった。
WalMartへ買い物に行ったり、冷蔵庫やキッチンの片付け。
ジョシュアは何か感じている感じで10時30分まで眠らず、パパのそばを離れなかった。

皆が寝付いたあと、おにぎりとゆで卵を作ったり、荷造りの仕上げもできるようになった。
カレーとごはんを(夫のために)一食ずつ冷凍。
夜の静けさの中で、ここに一人でいる彼を想像するのは辛かった。

キッチンのテレビで<痛快ビッグダディ>をかけて<塩ラーメン>を食べた。

<もう、おふとんしいてあるのよ>
電話で、そういったお母さんを思う。
どちらにいても、どちらかを淋しくさせてしまうのだなとかんじた。

空港に着いて目を覚ましてしまったジョシュア。
どうやって、<パパがいなくなった>状況を誤魔化すか
最大の難関であり恐れていた瞬間だった。
<誰かがいなくなる、視界から消える>ことが、この子にパニックを引き起こす
最大の理由なので。

ストローラで前向きのまま、別れ、気付いていない様子だったジョシュアが
いざ、飛行機の搭乗口に入ろうとするその時、急に取り乱し、ストローラから
ずり落ちて泣き出してしまった。
いないけどパパはそのうち来る、と思っていたのに。
パパは来ないの?といっているようだった。

汗をかいて飛行機に乗り込み、彼の好きなミルクを与えたら落ち着いてきて
飛行機の離陸の頃にはうとうと、眠った。

ため息。難関は突破。

ABQからLAX(ロサンゼルス)へ。ここから成田へ向かう。

乗り継ぎに時間があったので、食事をとった。
LosAngelesは、私にとって、既に日本の雰囲気に溢れている。

e0019614_2235446.jpg


ラーメン
10ドル近くする。やっぱり頼まずにはいられない。

飛行機に乗り、シートに座ると、初めて、ほっとした。
前夜一睡もしていないので既に時差ぼけ状態。
機内では、うつらうつらするだけで、眠れない。

ANAのエンターテイメント?は充実していると思う。ジョシュアはピングーが大好き。

e0019614_2365329.jpg
e0019614_237785.jpg
e0019614_2371739.jpg
e0019614_2373748.jpg
e0019614_2375132.jpg


お食事も美味しい。ジョシュアのためのキッズミール、本人は余り食べたがらず
私とこうちゃんでつまんだけれど、これもまた、美味しかった。
なんといっても、私は<おそば>が一番好き。

e0019614_2413736.jpg


東海岸に住んでいる頃より、ずっとフライトは楽に感じる。
そして、<岸恵子さん>も書いていたけれど、日本とアメリカ、どちらでもない空間に
身をおいている、ぽっかり、浮かんでいるというのは
安堵感にも似た不思議な感覚。

飛行機が着陸して空港の様子を見ながら、パパとお母さんはどこかで
待っているのだなあと思う。

足取りも軽く、到着ゲートをぬけて二人の笑顔にまた、会える幸せ。

おそばを食べたのよ、パパは大きいいなりずしも。
駐車場で<ジュースの自動販売機!!>
車に乗りシートに身をうずめると、またまた、さらにほっとして眠くなる。


日本だなあと、少し笑ってしまうけど、心遣いを感じて我が、文化を誇りに思う、こんな風景。
e0019614_4465391.jpg




車窓のみどりの濃さに目を奪われる。

帰途、夕ご飯は中華街に寄る事になった。

<菜香>
パパとこうちゃんと何度も何度も来たおなじみの、懐かしいお店。

e0019614_3322547.jpg


昔は、ここの名物だった(今は何処でもあるけれど)蝦の威化紙(?)揚げ。
これは欠かせません。プリプリ、さくさく。
マヨネーズもいいけれど、チリソースといただくのが、好き。

e0019614_41419100.jpg


e0019614_3355456.jpg


e0019614_336555.jpg


e0019614_3381230.jpg


アメリカでは食べられない物ばかり。そして大好物ばかり。

e0019614_3392597.jpg

これは<香港風やきそば>
日本人なら大好きなお醤油味に中華の深み。
でも、何か、懐かしい味。にらともやしの歯応え、抜群。

e0019614_3433249.jpg


e0019614_3454890.jpg


写真はないけれど、<青菜のにんにく傷め>も欠かせません。
ビールも、きめ細かい泡で、本当に美味しかった!

そのあと、家までの道はやはり、殆ど寝てしまった。
パパと母にもうしわけない、、。ごめんね。

実家。
日本に住んでいる頃、遊びに来たのと変わらない感覚が不思議なくらい
しっくりなじんでしまう。

翌朝のごはんは。。

e0019614_3552943.jpg


<玉子焼きのお砂糖、どのくらいいれるの?>
なんて話して。
このピーマンが嬉しくて、滞在中毎日のようにたべていた。(米では入手不可)
今も、食べたいなあ。味が濃くてね。ささつと炒めるだけで。

成田で送ったトランクが早々に届き、お風呂に入って
お昼は?
無言の了解、ここに来なければ始まらない!

<N>という名前にしておきます、大切なお店。

待ち侘びていた、この瞬間!

e0019614_473868.jpg


芸術的!このたたずまい。この味。お店の雰囲気、数々の想い出の郷愁。
すべてが、私の宝物。
この写真が、今のPCの壁紙になっている。


e0019614_4145071.jpg


チャーハンも餃子も、至福の美味しさ!
食べすぎ?なんて気にしないで、ここでは、
食欲全開にして、限界まで食べる事にしています。

e0019614_4332499.jpg

食後、駐車場で走り回り、車に乗りたがらないジョシュア。と
追いかけるおにいちゃんのこうちゃん。

家に着き、こたつで夜まで寝てしまった。こうちゃんは
パパと<バッティングセンター>へ。

起きて、これも楽しみだったご近所の<サンサンクック>へお買い物。

e0019614_4381484.jpg

e0019614_438327.jpg
e0019614_4384787.jpg


嬉々として買ったものたちです。
日本だなあ。

レンコンの梅和え、厚揚げ焼き、納豆、ちーかまなど色々、食べた。



これが出発から、到着翌日まででした。
次回からはカテゴリ別にまとめようと思います!

To be continued...
[PR]

by nao-mischa | 2007-09-21 00:47 | 日本里帰り2007夏


<< 江ノ島で古きを訪ねる      秋の気配 >>