サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:寿司 ( 4 ) タグの人気記事


2007年 03月 13日

馴らされてしまったもの



e0019614_0492265.jpg

<ICHIBAN>にて



お味噌汁にレンゲ
私が行ったどの日本レストランもこのスタイル。
初めは笑ってしまったし、凄い違和感があった。
ご飯と一緒に出てくるのでなく、<洋食でのスープ>のように前菜的にサーブされるのも。

多くのJapaneseレストランが韓国系のオーナーである事
その韓国では<器を持ち上げる事はマナー違反>であるという。
アメリカ人にとっても、器を口に運びスープをいただく事は、奇異に映ることは想像できる。

まあ、郷に入れば、面白半分にレンゲを使い始めて、だんだんそれが
当たり前になっていた。

でも、自宅でいただく時は<日本式>
日本でも、勿論。

麺類の食べ方も、そうだ。
音を立てて麺をすする事が許されるのは日本だけではないかな、と思う。
なので、いつの間にか静かに食べるのが習慣になった。
 
日本に久し振りに帰った時、皆さんが音を立てているのに怯んだのは最初だけ。
少しだけ、抵抗があったけど、すぐに以前のようになった。


e0019614_4541567.jpg


天ぷらうどん 7.95ドル位
前は入っていたかまぼこがなくなっていた。さびしいな。
出汁の味も天ぷらも微妙にレベルが。。
麺は<加ト吉系>美味しい。



e0019614_51277.jpg

<SAMURAI SUSHI AND GRILL BAR>  鍋焼きうどん ランチ

以前から来たかった此処。初めて来ました。

具沢山、温まった。
セロリが入っているのが、アメリカン。
でも、お店のスタッフが日本語を話しているのを聞いて、驚き
感激してしまった。ステーキコーナーもある、このお店。
お夕飯にまた来たいな、と思った。




e0019614_520305.jpg

<NEKO SUSHI>

ちょっと前に開店したのを見かけ、(日本人オーナーかな?)と
期待一杯で出かけた。

出迎えてくれたのは、大柄な男性。ラティーノとお見受け。(でもわからないですよ)
改装し立て!という雰囲気の店内は広々として、気軽な感じ。
寿司のショーケースもある。メニューには<照り焼きチキン、ビーフ><寿司>など定番
のほかに、焼きソバや<Japanese Curry And Rice>なんてあった。

鉄火巻き。見た目はご愛嬌。
ネタのボリュームが満点。お腹一杯召し上がれ、というメッセージを感じる。
鮮度もよかった。他所でいただくよりお得だと思う。
日本だったら有り得ないかも、ここでは贅沢はいえません。

e0019614_5343167.jpg


e0019614_5345495.jpg

<Tempura Noodle Soup>

海老天ぷら、お約束の超クリスピー、そして大盤振る舞い。何本あるかな?
野菜とミックスなのに、普通はね。
(鉄火巻きのねたの大きさといい
儲けが出るのかしら、と余計な心配をしてしまう。お値段もリーズナブルだし。)

そば、うどん、中華麺の中から選べる、私はそばを。
スープは<アメリカンチキンブロス>味そのもの。
お醤油をたらしても、無駄な抵抗。七味をお願いしたら、やってきたのは
スイートチリソース。でも、辛味でいけるかな、と、投入!
未知との遭遇。
オソバはまあまあだったのですが。
煮干やかつお系おだしは、受け入れられない、それは事実。
この味が、アメリカ産インスタント麺の味だもの。
<しょうがない>

でも、またお邪魔します。ボリュームあるし、カレーも試したい。

そう、CAで嬉々として<ラーメン>を頼んだら<海老天>が具として載っていて
驚いた事もあった。

<しょうがない>
そんなに悪くなかったし。

e0019614_985859.jpg


うどんではありません。誓って<ラーメン>です。醤油ラーメン!
あらためてこうしてみてみると、うどんのトッピングそのもの(笑)

ついでに、一緒に頼んだこの一品。
e0019614_9253899.jpg


私的にはHit!の<不思議な日本料理インアメリカ>
<Spicy Tuna Roll>
たたいたまぐろに、コチュジャン、韓国唐辛子、アジアンチリソース(想像です)で
ピリッ!と味付けしてある。大好きです。

のりを内側に巻いた海苔巻き、あれは未だに馴れることができない。
なぜそんなことを??
[PR]

by nao-mischa | 2007-03-13 00:59 | 食べ歩きJapaneseレストラン
2007年 02月 01日

日本里帰り Part 3 到着の夜ご飯-12/19


e0019614_2319299.jpg



懐かしい日本の風景
日本語の(!)高速の案内看板
回りを走る、日本車の数々。
中でも新鮮に見えたのは、軽自動車。
小ささ。その数の多さ。そしてバラエティ。

渋滞を知らせる電光掲示板。
高層ビル群。超!!高層マンション。
闇に沈んでいた東京湾。確かな<水>の気配。

睡魔にひきずりこまれながら、目を奪われ、また、意識朦朧とし。。。

<東京タワーだよ>
パパが、これまた寝ているこうちゃんを見るよう促す声ではっと外を見たり。
(リリーフランキ-の本を買わなくっちゃ)
痛い首を伸ばし、また眠りに。





渋谷で食事をすることに。
パパと3人で月に1、2回は来ていた馴染みの街。
これもいつもそうしていたように、西武に車を入れる。
省スペース。後ろ向き駐車。欧州外車の多さ。
日本を実感する。

風の強い夜の街へ。

e0019614_3104753.jpg


若者が行きかう渋谷の街中に少し不似合いな<龍飛>という割烹を目指した。
よーく来ていた思い出の店。
店頭の生簀にはすっぽんまでいた。
ふぐ、すっぽん、各種お鍋も食べられて、お食事はもちろん
居酒屋料理というより、少し格上の一品料理もあった。
ふぐ刺し、ふぐ天ぷら、手羽焼き、帆立バター焼き、焼きおにぎり、秋はいり銀杏
焼き松茸 などなどが好きだった。
まぐろも、やはり東京(築地のそばだから?)いいものがいただけた。

アメリカで何度ここのお料理を恋したか。
しかし。。
残念な事に改装中で、涙と、唾も、のんだ。

お店を探して歩く喧騒。
ぶつかりそうに歩く人々。
ラーメン屋の裏から流れる、魅惑的な香り!
吉野家の看板。コンビニ。ドラッグストア。
目を奪われっぱなし、浦島太郎の気分だった。

此処にしよう!と決めたのが<月の雫>という初めてのお店。

喫煙席があることに驚いてしまった。
でも、すぐ思い出した。そうだったなと。

e0019614_330575.jpg


生ビールで乾杯!
これもアメリカでお目にかかれない、日本のおいしいもののひとつ。
きめ細かい泡。生きている泡の喉越し。かおり。
パパは運転なのでウーロン茶。で、私だけいただきました。

時差ぼけとビールでますますぼんやり。
次から次に来るお料理。全部憶えられなかった。。

e0019614_5204649.jpg





夢のように新鮮なお刺身が
口でとける!



e0019614_524444.jpg


歯応え抜群!
 


e0019614_5323558.jpg


やまいも、大根サラダ。なんて繊細なお料理のセンス!そして健康的!
ハンバーガー体質も改善されるよ!夫に食べさせたい。


e0019614_533812.jpg


元気だった?久し振り!逢いたかったよ。
涙の再会 そしてお口へ。

あま~~~い!

こうちゃんと分け合っていただき、昔と同じようにそういったら
パパも、昔と同じ顔で、嬉しそうに笑って見ていた。

e0019614_5454741.jpg



お寿司
正真正銘の。これがお寿司です!


何が食べたいか?何でも頼めよ。
こうちゃん、つくね、から揚げもたいらげていた。
この雰囲気、懐かしく幸せだった。


掬い豆腐も感涙モノのうまさ。。
私はやはり、日本人。

e0019614_617515.jpg


高菜チャーハン
鷹のつめの輪切りが、ピリッと程よい辛味を演出。
これも、高菜の味を活かす、ほどよい醤油の香ばしさが食欲を刺激する。

此処はお豆腐料理が売りのようだった。
落とした照明、個室風つくりの客席。
従業員の対応もきめこまかくて、お料理もよかった。

どんな話をしたのだったか。
逢ったら、これも話そう、あれも話そうと、長い事思い続けてきたのに
ただ、昔にそのまま戻った様。ただただ、リラックス。
かなり、ぼんやりした頭で
それでも母の、パパの傍にいる幸せをかみしめた。

二人とも、一週間とおかず、電話でお話していたしね。

せめて、お礼はきちんと言った事を祈る私だ。

待ち続けていてくれた事
(心の)傍に居続けてくれたこと
心配かけてごめんなさい、も。

店をあとにして、ジョシュアの牛乳を買いに寄ったファミリーマート。

おにぎり、お茶のペットボトルの数々、お弁当、インスタント麺。。。
魅惑の光を放って私を誘っていた。
こうちゃん,<メロンパン>を買ってもらった。

車に乗るなり、爆睡してしまった。
インターを降り、すぐに懐かしい家、という所で目が覚めた。

ああ、本当に日本だ。見慣れた風景。

もっとおかしな、或は久し振りの感覚に包まれるのではと思っていた。けれど
日本にいた頃、よく、そうしていたように
30分のドライブで、こうちゃんを連れ、母のところに遊びに来た
その感覚と同じだったのには驚いた。

3年のブランクなんて嘘のようだった。

実家の匂い。
何も変わっていない。
私が生まれる前からある、柱時計の
時を刻む音。少しの間だけ、懐かしく、すぐに、ずっとそうだった様に
体にしみこんでいくのを感じた。
床の感触も。すべて。

お布団が敷いてあった。
いつものように、濃い熱いお煎茶を入れてくれる母。
こんな、ほっとする気持ちがあったなんて。

幸せな気持ちで、布団の感触を味わいながら眠った。

9時頃には目が覚めた。
母がいた。
日本だった。
姪っ子のバレエのパネルの数々が見えていた。

さあ、美味しい朝ごはんが !
日本式のお風呂だ!!朝風呂だ!!
[PR]

by nao-mischa | 2007-02-01 23:21 | 日本里帰り2006暮れーお正月
2006年 07月 29日

AKASAKA 、Tako Grill 和食三昧



e0019614_0182691.jpg


ヴァージニアから D.C.、Maryland方面へ向かう道 5:00PM頃 渋滞


二日間をダニエルの家で過ごしたKちゃんを、もう一人のお友達の家へ
ご挨拶がてら、送り届ける為、そして着替えを渡す為
再び、MDへ向かう。

そして帰り道に BethesdaでDの友人達とディナーをとることになっている。
一番好きだった、日本料理店、<Tako Grill>!

この日のランチは

e0019614_21423296.jpg


AKASAKA JAPANESE RESTAURANT

彼のクラスメート(アリゾナからきた)が連れてきてくれた。
先日行った<KOBE>とほぼ同じ。
寿司バーもある、鉄板焼きのお店。かなり広くて、鉄板焼きのテーブルが
8つくらいあった。
ショーケースもある寿司カウンターには、ランチ寿司ブフェがずらり。
野菜天ぷらと天つゆ(少しだが、大根おろしつき!)も嬉しい。

奥には少し、やきそば、チャーハン、インゲンいため、オレンジチキンなど定番の
中華料理まである。
お味噌汁のおおなべも。

朝ごはんを食べそこねていたのでお腹が、ぺこぺこ。

広い店内はみるみる、一杯の人で埋まった。

e0019614_21275697.jpg


ぼけてしまった。。

奥のオレンジ色のものは、Japanese ラザニア寿司という名前。なぜ?
トビっ子をクリームチーズらしきもので和えたものがのったカリフォルニアロール。

CAロールを天ぷらにしたもの、スパイシーソースがかかっているもの。
レインボウロール。
全部、よかったけどやはり、私的なメインは<まぐろ><海老>。

もう一皿、おかわり。お腹一杯いただきました。
12ドルちょっとだったかな。日本のお寿司とは別物だけど、やはり
わさび、醤油、白米!何て美味しいのでしょう!


e0019614_2154552.jpg


Dとジョシュアと、MDのKちゃんのところへ。
住んでいる時と同じように、遊んでいる3人。10ヶ月近くのブランクなど感じさせない、
その様子に、胸がいたくなった。

e0019614_23302630.jpg


Bethesdaへ。
家々のたたずまいがABQとは全く違う。

<Tako Grill>

e0019614_23322930.jpg


Dのかつての同僚、アル、CA時代(彼の出身地)からの友人ダン、同じく
モーリスと再会の彼は嬉しそう。

アルも、ダンも何度か会ったことがあったので、私もリラックスして
お話に花が咲き、楽しいひと時を過ごしました。ジョシュアもおりこうでしたよ。

メニューの選択にアドバイスを求められて
キスの天ぷら、焼き鳥(照り焼きソース)茶そば、海老の天ぷら添え
アルは、カリフォルニアロールも頼んでいた。
お箸を上手に使う様子に感心。

e0019614_23571637.jpg


アル。
ビッグアル、の愛称。

彼が、Koreaを仕事で訪れた時、
<コグマ>(日本語です)と呼ばれていたと笑った。
おおきな体格に関わらず、テデイベアを思い出させる彼のキャラクターに
納得。

e0019614_082786.jpg


この茶そばについてきた、<うずらの生卵>
これは何?どうやって食べればいいのか教えて、と。
おつゆに落として食べるの、といっても驚いたりしないでトライする事を楽しんでいたアル。

おつゆの小鉢にあふれそうにそばを入れて食べていた。

私は、大好きで、皆でシェアでき、ほかでは余り見ない、<炉端焼きメニュー>を。

厚揚げ焼き、銀杏、帆立焼き、焼きおにぎり。とアサヒビール!

e0019614_074246.jpg


この日の写真は、こんな風にことごとく失敗!フラッシュをたけばいいのだけど
それは、躊躇われて。と、Dにいうと、<そんな事気にする事ないのに!>

MDに住んでいる頃、ここを訪れた時の記事(マイHP)、よかったらご覧になって。


e0019614_0182521.jpg
e0019614_0223973.jpg


sukiyaki
糸コンも入っていて日本の味!アップしてしまいます、この酷い写真たち。。
焼きおにぎりは本当に大好き。しその葉とぱりぱりの海苔を巻くとまた、美味しくなる!

飲んで食べて寛いで、お会計は190ドル。
またこれるかな?


e0019614_59245.jpge0019614_593216.jpg



















NMでの再会を約束して帰途に。
フリーウェイの入り口を間違え、遠回りでVRまで帰りました。
[PR]

by nao-mischa | 2006-07-29 00:18 | 食べ歩きJapaneseレストラン
2006年 07月 19日

外食大好き


e0019614_1261155.jpg


<VIET RICE>


Rio Ranchoの、何気ないショッピングセンターの一角にあるヴェトナミーズレストラン。
小さなお店だけど、なかなか小洒落た造りなんです。

店員さんのヴェトナム語が響く静かな店内。
照明は暗め。

何か、新しいメニューに挑戦しようと、いつも思うのだけど
この日もこれでした。。

e0019614_1545586.jpg


チキンヌードルスープ
生もやし、青唐辛子、香菜、ライム添え。

チリソースと香菜をたっぷり。
ここは、生野菜を入れてもスープがぬるくならない。こくがある。

Egg Rice Udon の3種類の麺、具もチキン、海老、ポーク、蟹、トーフが選べる。
私はいつも、Egg noodles と海老。
6.50ドルなり。

フルーツシェイクもおすすめ!
マンゴ アボガド イチゴ ドリアン ジャックフルーツ というバラエティ。
アイスティは、甘くない!これは嬉しい!更にちゃんとお茶の風味が強い。

Kちゃんの頼んだフライドライス。
<ナシゴレン>風の香り、エキゾチックな味でこれも美味しい。

是非、次回は <Rice Dish>にトライしたい。
味付けが
カリー、スパイシーレモングラス、ジンジャー
具が チキン、海老、ビーフ、ポーク、トーフから選べて、ライスといただくもの。
絶対に美味しいと思う!
あと、Hot Clay Pot。(お鍋)

私にとって、アメリカで食べられる食事の中で、一番
しっくりくる、ほっとする料理の数々。
かなり、アメリカ向けにアレンジされているのはちょっと残念、でも仕方ないのかな?
私としては、もっと癖の強い味が嬉しいけれど。
お客さんの殆どは、白人。箸を上手に使ってお召し上がり。
でも、なぜ、皆、ご飯に醤油をどばっ!とかけるのか?あれは怖い。

心のオアシス (笑) ヴェトナミーズレストラン 万歳!





e0019614_2471910.jpg


ICHIBAN RESTAURANT


その名も、<一番>
Japanese Restaurantですよ!
ご多分に漏れず、こちらも韓国系(?)日本レストラン。
かなり広いスペース。おくには寿司カウンターがあり、ショーケースの向こうに
職人さん(?)が、腕を振るっている。

お寿司、なかなかいけます。スパーシーツナロールという
まぐろのたたきに、店独自の辛いソースを混ぜてある巻物。
コチジャン?アジアンチリソースの風味も。あめりかでは一般的なメニュー。
目からウロコの美味しさでした。

写真は、天ぷらうどん。
<加ト吉>の冷凍うどんの様な、こしのあるうどんは癖になる。
天ぷらは、Extraクリスピー。
私はこれにライスをつける。
ジョシュアもこれは大好き。
8ドルくらいだったかな。
かまぼこが付いてくるのです、これが嬉しい。。



e0019614_6355682.jpg



ランチの<サーモン照り焼きセット>Kちゃんのオーダーしたもの。
照り焼きといっても、日本のそれとは別物の味。とろみが強く、甘い。
でも、Kちゃんの大好物。

此処には少しだけど、韓国料理があるのも嬉しい。
プルコギ、ピビンパプ、ディナーには、大好物のユッケジャンスープも。


e0019614_22373148.jpge0019614_2241147.jpg
















混ぜるほどにおいしくなる。
お店のお姉さんが<キムチは?>もちろん、いただきました!
コチジャンも。

e0019614_22484937.jpg




日本で食べていたような餃子は
ここではお目にかかれないけれど、これは
なかなか!
ご飯が進む味。


ここのほかの日本食には
とんかつ、やきそば、天ざるそばなど
前菜の枝豆などもある。




日本でいただいていた食事や、レストラン巡りの楽しさなど
思い出さない日はない!毎日。
勿論、それに付随する大切な人々との楽しい思い出と共に。

値のはる、素晴らしいお料理だけでなく、スーパーのお惣菜
コロッケ、ポテトサラダ、赤いウインナーなんてものが懐かしい。
しらすおろし、しょうゆをたらして。あさりも長い事、口にしていないなあ。
酒蒸し、ガーリックのきいたボンゴレ。。。きりがない。

メモ帳に<行きたい店><食べたいもの>リストを作ってみたりしている。

それでも、ここで<近い味>を見つける事も
胸躍る(笑)発見だ。

e0019614_122133.jpg


鮨文
これこそ、寿司!本当に美味しい!
こんなに美味しいお寿司は、やはり、ここにはない。

日本を発つとき(2003年 9月某日) 友人達が開いてくれた集まり。
みんな、元気かな?
[PR]

by nao-mischa | 2006-07-19 07:29 | 食べ歩き エスニック