サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アルバカーキ ( 3 ) タグの人気記事


2007年 09月 12日

秋の気配



久し振りの更新。
日本から戻り、はや一ヶ月余り。
しっとりした空気の日本から、この、乾燥。悲鳴を上げていた肌もようやく落ち着いてきた。

いいときを過ごせた。
長い滞在だった為か、昔の気分が甦り、また、日本に住んでいるような気分になるのに
時間は掛からなかった。
それが懐かく、温かく、有難かった。

同じように、自分の選び歩いてきた道、月日。
変化し続けてきたという現実が、ありありと胸に迫りもした。
過去への感謝や愛情。未知への<武者震い>のような思いと一緒に。

変わったこと、変わらずにあることも。

何処に?
まだ。
でも、大切なものが何か、何を胸に歩いてゆくのか
日々、確信が深まっている、
怖いものなど無い、さすらいの(笑)毎日だ。

e0019614_2249572.jpg


久し振りの日本の夏。
緑の濃さ、とりわけ田んぼの圧倒的なひろがりが印象的だった。
梅雨の晴れ間の強いおひさまに照らされた、一面の緑。
草いきれ。

何度も、井上陽水の歌が浮かんだなあ。



今日はここ、アルバカーキでのこの頃を。
元気に忙しくしています。

e0019614_021440.jpg


よく通る道。この日は<Wild Oats>というオーガニックマーケットへ

e0019614_034913.jpg


これが買い物の目的。
帰国中に検診の葉書、久し振りの血液検査で、とうとう来た
<中性脂肪><γGTP>値の要チェックのお知らせ。

FishOil とスピルリナです。お魚はどうしても、食べられないここ、アメリカ内陸地。


或る日の朝ごはん。

e0019614_092547.jpg


ぶっかけうどんは癖になるおいしさ。
アメリカでも生卵いただいています。
e0019614_0134216.jpg


めんつゆ(手作り)ポン酢(これも手作り)揚げ玉(日本から持参)七味
冷たいうどんで。

e0019614_0164893.jpg


朝、学校へ行く前のこうちゃん、13歳がかけたDVD。
サザエさんのお宅のインテリアが、<昭和>のままで何だか嬉しい。
黒電話。門構えや、廊下に電話台、ちゃぶ台、食卓の席順などなど。
離れて見る日本は、なんて、あたたかいのだろう。

でも紙幣は、最新なのね、と発見した。夏目漱石だった。

e0019614_023306.jpg


大好きなにんにくむし。海老とかに。
にんにくとしょうがのみじん切りをピーナツ油でゆっくりいためて香りをだして
XOジャンを足し、白だし(ナンプラーでも)をふったえびかにの上ににんにくしょうが油を
かけてラップしてレンジで一分、プラスα。

自家製のねぎ油とラー油、ねぎをのせて、ビールに、ワインに。


ジョシュア、3歳の誕生日。
e0019614_0343853.jpg


ちょっと違った世界で生きているこの子。
私の顔の下に回りこみ笑いかけてくる、私を探して泣く、おサルのように抱きついてくる
おひさまにむかって手を差し出し、しあわせそうに目を閉じるジョシュア。

e0019614_043313.jpg


だっこして私を見る黒い瞳。
うん、そうね。だいすきよ。
言葉がなくても成り立つ会話は、確かにある。
(これはジョシュアとだけに留まらず、最近感じることの多い思いだ。
国籍や言語の違いがあろうと、生きる者として何か深いところで思いが通じ合う瞬間が
確かにあると、違いを超越したところにある人の繋がりを実感できる瞬間を
感じられることを幸と思う、そうして生きてゆきたいと思うこの頃)



ジョシュアが見せてくれる、知らなかった新しい世界のすべてを
甘受したい。この子の輝きをみていきたいな。

不思議に、<この子が普通の子と同じように。。。だったら>
と、考えた事は一度もない。これがジョシュア、とすんなり受け止めることができた。

泣いたのは一度だけだった。自閉症の疑いあり、と知った始めのころ、
可愛く遊ぶジョシュアを眺めていてふと、おとなになったら?
私はずっとそばにはいてやれないのだ、
ずーっとあかちゃんのままでいられたらいいね
ママの可愛いジョシュアのままでずーっといられたらいいね
そんな考えが沸き起こって、でもできないのだ、
何も知らないジョシュアを抱き寄せて、泣いた。
その一回だけだ。
けれど、本や他の媒体で触れる、自分以外の人々のお話は私を泣かせる。
<可哀想>ではなく、なにか心震わされる感動、力となって。


以来ジョシュアが、可哀想とかよぎりもしない。これがジョシュア、私達の道。
私にも、新たな何かを与えようとしてくれているのだ
見せてくれる世界を大切にしてゆこうと心底、思えたのも不思議だった。

<Quality Of Beauty><Noblle>
ドクターがそう、評したジョシュアの動き様子。

先日、ちょっと大掛かりなEvaluationを終えた。
また詳しく記したいと思うが、これからまた新しい取り組みが始まることが楽しみだ。

2-3日後には<音楽教室>が始まる。

e0019614_129974.jpg



夕日の凄まじいほどの光、美しさ。
e0019614_1301710.jpg


EUBANK沿い、チャイニーズレストランそばの風景
e0019614_1311297.jpg


e0019614_1324066.jpg



自宅へ続く坂道。
この一年で、すっかり変わった奥の風景。ただの砂漠の空き地だったのに
大きな住宅地ができつつある。

e0019614_133535.jpg


そう、日本で送った船便小包、第一便が届いた。
一ヵ月半かかった。

e0019614_1552550.jpg

日本での日常が甦る。母の顔が、実家のようすがありありと。
お疲れ様、よくたどりついたね。

スイカの箱が郷愁を誘う。(笑)

e0019614_1402141.jpg

大好きな塩ラーメン。


読書熱もまた、たかまっていて
e0019614_142958.jpg


時間が足りない毎日。
日本からも一杯買って帰りました。重かった。
また、ご紹介します。

日本の夏2007は縦割り??に描いていこうと。
食べ物編、小旅行編、風景編、過去を訪ねる編,等等。

どれから始めようか、そんな事をいっているとまたお正月が来てしまう!


日本でお会いできた皆様、逢えなかったけど逢いたかった皆様へ(あなた)
元気です。いつも心にいます。ありがとう。
[PR]

by nao-mischa | 2007-09-12 23:30 | 日々
2006年 11月 01日

BaloonFiestaも終わり 深まリ行く秋の日々

e0019614_5584466.jpg


10月の始め頃?
月半ばに<BaloonFiesta>を控えた此処、アルバカーキでは
毎朝、こんな風景が見られる。

これは、Kちゃんをスクールに送る、朝の道で。(いつもはスクールバスなのだけど)
ご覧の通り、着陸をこころみている様子。

住宅地なのだが、開発途上で、あちこちに<砂漠>の空き地があるこのあたり。
我が家の上空にもよくやってきて、バーナー?のゴーッという音まで聞こえることもある。

そのバルーンフィエスタにあわせ、初めて
夫Dの家族(お母様、姉ふたり)が、CAから我が家を訪問したり
その準備や
3年ぶりにやっと叶いそうな<日本里帰り>!!のチケットの手配、購入
ebayでの、コスメ買い、音楽のダウンロード
(YahooMisicJukebox_Subscriptionをキャンセルしよう、
月々の料金もばかにならないし容量が大きい気がして。
その前にほしい曲を購入しちゃおうね、とKちゃんといっしょに)
(私は<80’s>懐かしい思い出が甦る曲の数々にはまっています。
日を改めてご紹介しようと思っています)

と、忙しく過ごしていた10月。

初めてのバルーンフィエスタ
SantaFe再訪、新しいお気に入りのヴェトナミーズレストランを発見、
Kちゃんのスクールでの、<すわ 武装男騒動> SWATまで出動したのですよ
中間選挙を控え、笑ってしまうほどの舌戦
この秋のコスメ探し。。。

ネタには事欠かぬ日々、でも宿題(前記事に続き)を まず片付けなければ。。

その前に

e0019614_22284946.jpg


e0019614_2232434.jpg
e0019614_22311065.jpg
e0019614_2233477.jpg
e0019614_22343246.jpg

e0019614_2238416.jpg
e0019614_22415166.jpg
e0019614_22425332.jpg
e0019614_23183354.jpg
e0019614_23162023.jpg
e0019614_23195369.jpg


e0019614_23231823.jpg

e0019614_23234545.jpg

e0019614_23283785.jpg
e0019614_23291422.jpg
e0019614_23303655.jpg

e0019614_264218.jpg

e0019614_274659.jpg
e0019614_284194.jpg
e0019614_285652.jpg
e0019614_2122892.jpg
e0019614_2212645.jpg
e0019614_2214844.jpg
e0019614_2221570.jpg
e0019614_22429.jpg
e0019614_2241912.jpg


Live, Love, EAT!の日々も
11月はますます忙しくなりそうです。

無性に思うのは

海が見たい!
空と海の果てしない広がりを前に
潮騒を聞きたい!海風を胸いっぱい吸いたい!

懐かしい波の音
磯の香り
夕日になるまで座っていたい うとうと まどろみながら

海から遠くはなれて暮らすことの閉塞感、
の様なものがあるのだなと知った。

海が私にくれるものの大きさも。


夏の名残をとどめるプラステックのゴミが散乱する
日本の色気の無い砂浜すら
今の私には胸焦がす(!)郷愁を誘うものだ。

もうすぐ!!
[PR]

by nao-mischa | 2006-11-01 03:03 | 昭和 過去への郷愁
2005年 11月 27日

New Mexicoの 太陽



e0019614_3324457.jpg


   朝陽を背に見晴らす ご近所     



こんにちは!
この、2-3週間忙しくしてました。




e0019614_45466.jpg


夫と一緒にグリーンカードの面接。

e0019614_465379.jpg


晴々とした気持ちで撮った一枚。

校長先生のような面接官だった。
Congractulations! 
長かったなあ でもとりあえず此処まできた、と
どこでもはためいてる、星条旗を見上げた。


e0019614_185912.jpg


この日のディナーはインド料理店
ナンやパリパリしたなにか(名前忘れました)
チキンビンダルウも絶品!




引越し準備、Kちゃんのバースデー、アンドFarewellパーティー。

e0019614_2193796.jpg




レッドロビンにて
この後、近くのムービーシアターへ

みんな、終わってからもうちに来て一緒にいた、暗くなっても。
良い仲間にあえてママも幸せだよ
いつも、外でみんなと遊んでたKchanの楽しかった日々。


e0019614_1313971.jpg
e0019614_1321043.jpg


D.C. の秋

ジョシュアの日本のパスポートの申し込み、無理をお願いして
フライトの前日に交付していただきました。

(D.C.の日本大使館の方、ありがとうございました。
やはり、日本は違うなあと、乾いた心に沁みるよう(大袈裟!でもほんとに)
だった、対応の丁寧さ易しさが)。
住所変更もしていただき、お世話になりましたと
日本式におじぎをした。心をこめて。



Kちゃんの学校へひっこしの手続き
MDの家を貸しに出すプロセス
引越し、フライト。

みんなへありがとうとさよならを伝えて。

e0019614_1424678.jpg





Kちゃんと二人で渡米。
以来2年間、暮らしてきた彼の地。

胸に迫るものがあった。



15日にフライト。
すぐに転校手続き。

荷物が届くのに5日か6日かかった。

さよならMDの日々、もうちょっと詳しく記したいけれど
今日は此処までに。  (早くアップしたいのですとりあえず)



NM,アルバカーキの太陽は強烈。
標高がかなり高いらしい。
眼がくらむほどだ。

なので

朝陽と夕陽の美しさ、圧倒される。

e0019614_156730.jpg


(レンズのお掃除必要?)


e0019614_1572416.jpg


青空も

e0019614_1594758.jpg


Kちゃんの新しい学校
ドレスコードがあるんですよ 結構厳しい。

日本のプライベートスクールのような充実、いい学校という印象をうけた


e0019614_25317.jpg


e0019614_252124.jpg


着いた当日の夜
タイとチャイニーズ、ミックスのレストランに彼が
連れて行ってくれました


乾燥がひどく、静電気と戦っています。

[PR]

by nao-mischa | 2005-11-27 03:28 | 食べ歩き エスニック