サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 24日

Pizza Party In Corrales ジョシュアの学校の

e0019614_0461713.jpg

お店の名前はわすれた!
入り口はこんな風情



Thanks givingホリデイを前にした、火曜日
ジョシュアの学校のPizza partyがCorralesという隣のまちで行われた。

3歳2ヶ月、ジョシュアは11月の始めから、いままでの
Abrazonz という、ファミリーサポートOrganazationによる
Occupational Speech therapyから
公立学校に依る、<IEPプログラム>へと、移行した。

Individualized Education Program
個別教育プログラムとでもいうのか、
私自身も知り始めたばかりで山ほどの学ばなければいけないことがある今、
簡単な説明に留めたい。
何らかのDisability、障害があると認められる子供には
その子に合った特別な教育(を受ける権利があり)を提供する、
政府に依るプログラム。
(公立学校であるため勿論無料)

8月後半の大掛かりなEvaluation(ジョシュアの状態をさまざまな専門家の見地から
判断する場)、IEPメンバー(アレンジ、カウンセリングする)の訪問、
当時のセラピーも交えた話し合い、
書類の山、などを経て、この11月から登校が始まった。
公立小学校と併設する、PreSchool(幼稚園)その中のひとつのクラスに。

(ここに至るまでのプロセスは、またの機会に詳しく記したいと思います)


さて、秋の美しいCorrales!
歴史的なものを残し、ほんの通り一本で別世界がひろがる
このあたりは本当に大好きな町
以前に訪れた記事

e0019614_1532297.jpg


やきたてのpizzaのランチブッフェのお店
足を踏み入れると、ジョシュの先生がいて
ハーィジョシュア、来てくれて嬉しいわ!

少し戸惑った様子のジョシュア。
私達の手を握って引っ張る。一緒にいて!と言うように。
いいにおいで、いっぱい。それになんて素敵なSouthWesternスタイルの内装。

e0019614_7184545.jpg


e0019614_224544.jpg


奥の広間を貸しきって、自分でピザを作るパーティー。
見覚えのある、ジョシュアのクラスメートとともに
近くの他の小学校のジョシュアが通うのと同じ<特別な教育が必要なクラス>
の子供達と父兄も参加していた。

e0019614_3131818.jpg


走り回る子、先生の用意した、この子たちの好きそうなおもちゃの世界に
入っている子、色々。
考えたら、こうして沢山の、ジョシュアと同じ様な子供達とそのご家族にあえる
機会は初めてだった。

先生に、<ジョシュアが後を付いて回った>と聞いた>カイルとその
ママがいた。
カイルは、こちらをみて、にっこり、笑った。
出合ったときから、私を惹きつけた愛らしさ、何か温かさと
Modesty(内気、というよりしとやかさ上品さ、謙遜など)や気品
深いものを感じさせるこの子だった。


ジョシュアは、気付いたのかどうか?この日は、傍に行かなかった。

e0019614_3275062.jpg


やはりここにも、ピクチャーカードが。
先生がこの日のために用意してくださったのだ。

e0019614_331467.jpg


お店の人が、1ピースづつのピザの生地を持ってきてくれて
それを各自、伸ばして、テーブルにある、お好みのトッピングを載せる。
トマトソース、ハム、ぺパロニ、オリーブ、マッシュルーム
たまねぎ。。
ニューメキシコ、アルバカーキらしく、<グリーンチリ>もあった。
大好物!チーズとよく合う、私は沢山入れた。

e0019614_3374621.jpg


出来上がると、お店の人が釜へ運び、そして焼きあがると
こうして、熱々をいい匂いと共に運んできてくれる。

e0019614_3415115.jpg


朝ごはんを食べたばかりでも、食欲がそそられる。
あ、でももうそろそろ、お昼でした。

e0019614_3563439.jpg

私のピザ。

元気に遊びまわっていた一人の子。
何かのおもちゃをアシスタントの人に取り上げられ、それは断固とした態度で。
そして泣き出した。

すると

e0019614_3593542.jpg


先生か、父兄かは分からないけれど、その子を抱き上げて
くるくる回ったり、高い高いをしたりで、泣き止ませてしまった。

こんな刺激が、この子たちを癒す事も多いのだ。
この人の視線、この場の雰囲気に私は感じ入った。

そして

e0019614_411255.jpg


寝転がる我が息子、ジョシュア
ファン(天井付き扇風機)に魅せられている(笑)

ひときわ、動き回り、楽しんでいた子。
お話もしていた。でもやはり、Autistic独特の雰囲気
言葉にしようのない、かわいらしさ、無垢の美しさを漂わせていた、
その子が、帰るときにスピーチをして去った。
みんな、またね!ばーい!
Happy thanks giving!


e0019614_4225659.jpg


拍手喝采!だった。
熱いものがこみあげたけれど、何とか抑えて隠した。
ここには涙は似合わない!

私の賞賛してやまない、カイル。
ママと静かに、あそび、ピザを食べたり。
その二人の様子から、目を離せなかった。
美しさ。静謐さ。

このお母様ありて、なのだな。
しずかな、深い思慮溢れる雰囲気を感じた。
こころおだやかに、邪念なくご自分の日々を生きていることが
静かに伝わってきた。

e0019614_439470.jpg


帰る前に少しお話した。
ジョシュアの母です。はじめまして。
カイルの笑顔が私は大好きです、美しい子ですね。
ありがとう、と微笑むお母様の笑顔も、すべてを
あたたかくつつむ、美しさだった。

カイルは、真っ直ぐ私を見ていた、やはりあの笑顔で。
おもわず、ほっぺたと髪をなぜてしまった時も、私を笑顔で見ていた。



e0019614_4501365.jpg


e0019614_448134.jpg


e0019614_4482541.jpg


お店の外
秋。
駐車場のおくにはこんな風景。

毎日、なんて、かわいいのと、目を細めてジョシュアと暮らしている。
ちょっと違うこの子達の持っているものが<障害>としては私には写らないのだ。
不思議だけど、これが実感。
甘い、綺麗事との向きもあるかもしれないし、始まったばかりでもあるのだけれど
何故かは分からないけれど、とても大切なものをいただいた気持ちでいる。
感謝。なのです。

この子(達)がこの子達なりの、人生をいのちを楽しむお手伝いをしたい
この子達も、私を助けてくれるだろう、その世界をみせてもくれるだろう。
以前には知らなかった世界を、無垢の美を、もう既に見せてくれているのだ。

だから、心のいたみや試練でさえもすべて引き受けられる
怖いものなどない。起こってはいけないことも。
そうだ、ここまでそうして生きてきたのと、何も
変わっていないのだ、

そんな事を考えながらの帰り道、秋の日。

e0019614_7222495.jpg

[PR]

# by nao-mischa | 2007-11-24 00:56 | Autism ASD 自閉症
2007年 11月 13日

越後獅子の唄


美空ひばりの歌を聴くのより先に
私はその人の歌う、<越後獅子の唄>を、耳にしたと思う。

両手の小指のない
皆が、恐れていた、それはかなりの酒癖の悪さ。
喧嘩なんて始めたら、生きるか死ぬか怖い物などない、のだろうな
大きな体、短髪
今は、死語なのかな、やくざの王道のようなひとだった。

梅干入りの焼酎のお湯割をあびせられたこともあった
でも
時折、見える愛嬌のある、小さな目が解けそうになる笑った顔と
ご機嫌な時の、じゃあと歩み去る背中に、見え隠れする孤独の影。

なにより、そのときの私は
その人の歌う、<越後獅子の唄>に何かを強くかんじた。
もう、20年も前の話だ、全く違う空間にいるのに
時折、こうして鮮やかに甦ることがある、それはまざまざと。

亡き父と同県人、と言ったときのその方の顔。
分かっていた、父もそうだった、<鹿児島>薩摩。

きょう、日本から持ってきた美空ひばりのCDを聞いた。
深いお付き合いはなかったが、私には印象的だった、忘れかけていた
その方と、その頃の自分を思い出した。

父のことも。
泣けた。



笛にうかれて 逆立ちすれば
山が見えます ふるさとの
わたしゃみなしご 街道くらし
ながれながれの 越後獅子


何年か前に、亡くなったときいた。



きょうはね
こうちゃんに、レタスと卵のチャーハンをつくりました
ジョシュアには、大好物のカレーライス
夫のDにはチーズバーガーパスタ、ブロッコリー入り

何が欲しいかな、いつも考え。
みなそれぞれちがうのでね。

わたしゃビールで、ごんぎつねを観て
 花に消えゆく
 旅の獅子 です

おやすみなさい
[PR]

# by nao-mischa | 2007-11-13 14:06 | 日本
2007年 10月 18日

江ノ島で古きを訪ねる


e0019614_0313067.jpg


梅雨の晴れ間の6月の始めに、江ノ島、藤沢へ。
こうちゃんが赤ん坊の頃から始まって、何度も連れてきてもらった思い出深い場所のひとつだ。

私達の住んでいた静岡県東部からは、東名高速に乗って秦野か、平塚で降り
市街地を抜け、どこかノスタルジックな、たんぼと飲食店が共存する風景を進んでゆき
つきあたりに、突如、という感じで現れる海と空の拡がり!
に辿り着く、その瞬間がいつも好きだった。

こうちゃんとパパと私の暮らしの中で、一つ一つ増えていった、私達の<お気に入りの場所>
青山のとあるチャイニーズレストラン、横浜、香港、
水炊きの美味しかった京都...まだまだある、その中のひとつが、この江ノ島近辺だ。




e0019614_0215179.jpg

久し振りの、しめった磯の風
日本の初夏の匂いを、胸いっぱい吸い込んだ。

海はいいなあ。

e0019614_055399.jpg



さざえ、蛤、帆立などが店頭に並ぶ。
店頭でイカを焼くにおい!いいねえ、これが日本!
久しく目にも口にもしていない、磯の幸。
我慢して、さかみちを散策。


e0019614_103541.jpg


e0019614_1145863.jpg


蛸せんべい、有名なんだぞ、見てご覧 とパパ。
生のたこを凄い力でジューーと押しつぶして
紙のようになったタコをパリパリに焼いて、出来上がり。
何人か並んでいた。ので、後にしようか、と。

e0019614_1212017.jpg


激辛と白焼きをいただき

e0019614_1213963.jpg


何を見ても美味しそう、ショーケース?もなんて素敵。
魚貝ラーメンをどこかでいただいたなあ、塩味の。

こうちゃんは、昔のように<どこにでもある、みやげもの>を物色。
おもちゃです(笑)

かくいう私も、むかーしからある、あの<貝殻詰め合わせ>や
貝殻で作った、お人形のペンダント、なつかしいおままごとセット
みたいな、ものに夢中だった。


父が、私が4年生の時に買ってくれたパンダ顔の貝殻の笛。
(御前崎で、だけど)
一緒に、枕に並べて寝ていた、あの笛を思い出した。
何処に行ってしまったのか。たしかにあったのに、記憶だけが宝ものとなる。

e0019614_1435154.jpg


人通りの多い、メインからのびていた横道

e0019614_1453454.jpg



e0019614_149147.jpg


e0019614_1492432.jpg


降りてきて、<ツブ貝の串焼き>をいただきました。
パパとこうちゃんは、この後のメインにそなえて、我慢。

メインとは

e0019614_153141.jpg


シーフード、テラス席、海に面した場所
これらは私の好み(!)なのだけど、いつも無条件にそれを尊重してくれる
パパだった。何度きたことだろう。夏が近くなるとテラス席の開放感をもとめ
或る日、見かけた<お誕生日おめでとうのコーラス>がパパは気に入ったようで
ご自分のお誕生日にここを指定した事も。

バースデイケーキと紙の王冠をかぶってポラロイド記念撮影。
3枚か4枚、実家に大切にとってある。

初夏、リニューアル前の江ノ島水族館など歩き、あそんで夕暮れを待ち
お腹を空かせて、のども乾かせ、
ここのテラス席に腰を落ち着けて、夕焼けと初夏の風の中で
飲む、生ビールのなんて美味しい事。
おちびのこうちゃんを眺めてね。
うまいよなあ!と分かち合うのもたのしく、お食事の醍醐味はこれだなといつも思った。

すきなものばかり。

この日も天気に恵まれた。

e0019614_3224520.jpg


活きロブスター、いつもスチーム。凄く元気に怒っていたのに

e0019614_3284744.jpg


心していただきます。

レモンバターも美味しいけれど、いつもレモンのくし切りと
タバスコをおねがいして、合わせたソースでいただくとまた、格別。
(家ではいつも、これに白出しかナンプラーとチリソースをたして、
かにや茹で蝦に、生春巻きにもおいしいですよ)

e0019614_3361134.jpg


つめの部分を別注文して。

e0019614_3514359.jpg


e0019614_3492646.jpg


これも定番のソフトシェルクラブ。

e0019614_3523479.jpge0019614_3525375.jpg








シュリンプカクテル、かきの磯焼き










e0019614_355018.jpg


これは初めて、<セビーチェ>

e0019614_3564660.jpg


ここの<ガンボスープ>が大好き!
クミンの香りが効いていてロングライスも香ばしさを演出。
エビやかにをいただくと、ましてビールと一緒だと
温かい、こんなスープが欲しくなる、そしてこの、スパイシーさが
また、食欲を増進する!私はタバスコを5滴くらいたらして、うーん、美味しい!

e0019614_435441.jpg


こうちゃんは、さらにこちらを注文。
日本の<ハンバーグ>って美味しい、本当に美味しい。
ジョシュアもフレンチフライでご機嫌。

e0019614_4111830.jpg


こんな雰囲気で。


アメリカ行きに、私の方向が定まりつつあったあの頃、初めて
こうちゃんをつれ、住むことを前提としてのアメリカ行き目前の春まだ浅き日。

パパの誕生日。
パパは、<RedLobsterにいこう>と言った。

いつものように、いつものおいしいお料理。写真撮影。
こうちゃんは眠そうに写っている。

いつものように、帰り道、I.Cでの休憩、コーヒー飲むか?
その時の気持ちは、一生わすれない。
<これが最後なのか。まさか。>

アメリカ行きは、私にとっては、パパとこうちゃんとの暮らしを去ることでは
断じてなかった。ただただ、目の前に開けている扉を、あたらしいそれを
あけたいだけであって、かけがえのないものとしての
3人の世界は、むしろ今までより、強い絆として自分の中にあることを感じていた。

今思えば、そう考えていたのは私の気持ちであり、パパや家族達にとっては
寂しさの中で、見送ってくれたに違いない。

何より、幸せの充足感、充実感の只中だった、30代、
私の家族との、そして、パパとこうちゃんと3人での暮らし。

一度きりのこの命のなかで、40才目前、後10年後にはできないだろうという
ことが、確かにある。進んでみよう!

そう思っただけだった。逃げなければならないものなど何もなかったのだ。


<こうして、I.Cで一緒にコーヒー飲むことが、なくなるの?>
体に染み付いた、日常の一こまがなくなる予感は
私に、自分の決断の現実の一面を、まざまざと思い知らせたと思う。

そして、パパの立場での思いを。口には出さない、それを。
<何か、かけがえのない物を喪おうとしているのかもしれない>
言いようのない寂しさが襲った。

<きっと、わかってくれる>

渡米後、GC問題で出国できない状態が続いた時も
母や姉などの家族と共に、常にそばにいる感覚で、連絡を取り続けてくれたパパだった。

確信できる私達の絆、私達の形での。
なにがあろうと、信じ続けると思える、この場所に辿り着いた。
世間の常識?からはかけ離れた形ではあっても
<3人の絆はずっと変わらない>

15,6年前になるかな
夕日に照らされる病院の玄関
東名バスに乗り込んだ私に手を振る、サンダル履き、寝巻き姿のパパ。
私には見慣れないその姿、笑顔
私も手を振り返し、パパが見えなくなった時、堰を切ったように涙が溢れた。
その時に、心を決めた。

e0019614_125523.jpg



e0019614_1193452.jpg

お食事を終えて、道路を渡ってすぐの、浜へ行ってみた。
サーフィンをする人
犬とお散歩する人

e0019614_162777.jpg


夏の予感に華やぐ、この季節も
秋風が吹き始め、喧騒の名残をとどめる初秋の頃も
冷たい浜風の吹きすさぶ冬も
どれも大好きな大切な思い出の場所。
グレーの砂、ごみが多くて磯の匂いにあふれていても
海の家のあの郷愁
日本の海の匂いをいとおしむ。

またこうして来る事ができて、よかった。
本当によかった。


e0019614_1195684.jpg

[PR]

# by nao-mischa | 2007-10-18 00:31 | 日本里帰り2007夏
2007年 09月 21日

日本へ出発前日ー到着日ー翌日


始まりと終わりくらいは、日記形式で残そうかと思った。

日本滞在中に毎日、記していた、この覚書(兼メモ帳、兼お買い物の記録)
e0019614_136239.jpg


日本での毎日が、ただ、過ぎてしまうのが惜しくて、前回の滞在の時も作った
このノートと、まだ新しい記憶をたよりに。

夕飯は<Chill,s>に
e0019614_53527100.jpg


半分も食べられなかった。
e0019614_5355285.jpg


e0019614_536890.jpg


フライトの前日は、今回もまた、あれやこれやで落ち着かなかった。
WalMartへ買い物に行ったり、冷蔵庫やキッチンの片付け。
ジョシュアは何か感じている感じで10時30分まで眠らず、パパのそばを離れなかった。

皆が寝付いたあと、おにぎりとゆで卵を作ったり、荷造りの仕上げもできるようになった。
カレーとごはんを(夫のために)一食ずつ冷凍。
夜の静けさの中で、ここに一人でいる彼を想像するのは辛かった。

キッチンのテレビで<痛快ビッグダディ>をかけて<塩ラーメン>を食べた。

<もう、おふとんしいてあるのよ>
電話で、そういったお母さんを思う。
どちらにいても、どちらかを淋しくさせてしまうのだなとかんじた。

空港に着いて目を覚ましてしまったジョシュア。
どうやって、<パパがいなくなった>状況を誤魔化すか
最大の難関であり恐れていた瞬間だった。
<誰かがいなくなる、視界から消える>ことが、この子にパニックを引き起こす
最大の理由なので。

ストローラで前向きのまま、別れ、気付いていない様子だったジョシュアが
いざ、飛行機の搭乗口に入ろうとするその時、急に取り乱し、ストローラから
ずり落ちて泣き出してしまった。
いないけどパパはそのうち来る、と思っていたのに。
パパは来ないの?といっているようだった。

汗をかいて飛行機に乗り込み、彼の好きなミルクを与えたら落ち着いてきて
飛行機の離陸の頃にはうとうと、眠った。

ため息。難関は突破。

ABQからLAX(ロサンゼルス)へ。ここから成田へ向かう。

乗り継ぎに時間があったので、食事をとった。
LosAngelesは、私にとって、既に日本の雰囲気に溢れている。

e0019614_2235446.jpg


ラーメン
10ドル近くする。やっぱり頼まずにはいられない。

飛行機に乗り、シートに座ると、初めて、ほっとした。
前夜一睡もしていないので既に時差ぼけ状態。
機内では、うつらうつらするだけで、眠れない。

ANAのエンターテイメント?は充実していると思う。ジョシュアはピングーが大好き。

e0019614_2365329.jpg
e0019614_237785.jpg
e0019614_2371739.jpg
e0019614_2373748.jpg
e0019614_2375132.jpg


お食事も美味しい。ジョシュアのためのキッズミール、本人は余り食べたがらず
私とこうちゃんでつまんだけれど、これもまた、美味しかった。
なんといっても、私は<おそば>が一番好き。

e0019614_2413736.jpg


東海岸に住んでいる頃より、ずっとフライトは楽に感じる。
そして、<岸恵子さん>も書いていたけれど、日本とアメリカ、どちらでもない空間に
身をおいている、ぽっかり、浮かんでいるというのは
安堵感にも似た不思議な感覚。

飛行機が着陸して空港の様子を見ながら、パパとお母さんはどこかで
待っているのだなあと思う。

足取りも軽く、到着ゲートをぬけて二人の笑顔にまた、会える幸せ。

おそばを食べたのよ、パパは大きいいなりずしも。
駐車場で<ジュースの自動販売機!!>
車に乗りシートに身をうずめると、またまた、さらにほっとして眠くなる。


日本だなあと、少し笑ってしまうけど、心遣いを感じて我が、文化を誇りに思う、こんな風景。
e0019614_4465391.jpg




車窓のみどりの濃さに目を奪われる。

帰途、夕ご飯は中華街に寄る事になった。

<菜香>
パパとこうちゃんと何度も何度も来たおなじみの、懐かしいお店。

e0019614_3322547.jpg


昔は、ここの名物だった(今は何処でもあるけれど)蝦の威化紙(?)揚げ。
これは欠かせません。プリプリ、さくさく。
マヨネーズもいいけれど、チリソースといただくのが、好き。

e0019614_41419100.jpg


e0019614_3355456.jpg


e0019614_336555.jpg


e0019614_3381230.jpg


アメリカでは食べられない物ばかり。そして大好物ばかり。

e0019614_3392597.jpg

これは<香港風やきそば>
日本人なら大好きなお醤油味に中華の深み。
でも、何か、懐かしい味。にらともやしの歯応え、抜群。

e0019614_3433249.jpg


e0019614_3454890.jpg


写真はないけれど、<青菜のにんにく傷め>も欠かせません。
ビールも、きめ細かい泡で、本当に美味しかった!

そのあと、家までの道はやはり、殆ど寝てしまった。
パパと母にもうしわけない、、。ごめんね。

実家。
日本に住んでいる頃、遊びに来たのと変わらない感覚が不思議なくらい
しっくりなじんでしまう。

翌朝のごはんは。。

e0019614_3552943.jpg


<玉子焼きのお砂糖、どのくらいいれるの?>
なんて話して。
このピーマンが嬉しくて、滞在中毎日のようにたべていた。(米では入手不可)
今も、食べたいなあ。味が濃くてね。ささつと炒めるだけで。

成田で送ったトランクが早々に届き、お風呂に入って
お昼は?
無言の了解、ここに来なければ始まらない!

<N>という名前にしておきます、大切なお店。

待ち侘びていた、この瞬間!

e0019614_473868.jpg


芸術的!このたたずまい。この味。お店の雰囲気、数々の想い出の郷愁。
すべてが、私の宝物。
この写真が、今のPCの壁紙になっている。


e0019614_4145071.jpg


チャーハンも餃子も、至福の美味しさ!
食べすぎ?なんて気にしないで、ここでは、
食欲全開にして、限界まで食べる事にしています。

e0019614_4332499.jpg

食後、駐車場で走り回り、車に乗りたがらないジョシュア。と
追いかけるおにいちゃんのこうちゃん。

家に着き、こたつで夜まで寝てしまった。こうちゃんは
パパと<バッティングセンター>へ。

起きて、これも楽しみだったご近所の<サンサンクック>へお買い物。

e0019614_4381484.jpg

e0019614_438327.jpg
e0019614_4384787.jpg


嬉々として買ったものたちです。
日本だなあ。

レンコンの梅和え、厚揚げ焼き、納豆、ちーかまなど色々、食べた。



これが出発から、到着翌日まででした。
次回からはカテゴリ別にまとめようと思います!

To be continued...
[PR]

# by nao-mischa | 2007-09-21 00:47 | 日本里帰り2007夏