サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 13日

馴らされてしまったもの



e0019614_0492265.jpg

<ICHIBAN>にて



お味噌汁にレンゲ
私が行ったどの日本レストランもこのスタイル。
初めは笑ってしまったし、凄い違和感があった。
ご飯と一緒に出てくるのでなく、<洋食でのスープ>のように前菜的にサーブされるのも。

多くのJapaneseレストランが韓国系のオーナーである事
その韓国では<器を持ち上げる事はマナー違反>であるという。
アメリカ人にとっても、器を口に運びスープをいただく事は、奇異に映ることは想像できる。

まあ、郷に入れば、面白半分にレンゲを使い始めて、だんだんそれが
当たり前になっていた。

でも、自宅でいただく時は<日本式>
日本でも、勿論。

麺類の食べ方も、そうだ。
音を立てて麺をすする事が許されるのは日本だけではないかな、と思う。
なので、いつの間にか静かに食べるのが習慣になった。
 
日本に久し振りに帰った時、皆さんが音を立てているのに怯んだのは最初だけ。
少しだけ、抵抗があったけど、すぐに以前のようになった。


e0019614_4541567.jpg


天ぷらうどん 7.95ドル位
前は入っていたかまぼこがなくなっていた。さびしいな。
出汁の味も天ぷらも微妙にレベルが。。
麺は<加ト吉系>美味しい。



e0019614_51277.jpg

<SAMURAI SUSHI AND GRILL BAR>  鍋焼きうどん ランチ

以前から来たかった此処。初めて来ました。

具沢山、温まった。
セロリが入っているのが、アメリカン。
でも、お店のスタッフが日本語を話しているのを聞いて、驚き
感激してしまった。ステーキコーナーもある、このお店。
お夕飯にまた来たいな、と思った。




e0019614_520305.jpg

<NEKO SUSHI>

ちょっと前に開店したのを見かけ、(日本人オーナーかな?)と
期待一杯で出かけた。

出迎えてくれたのは、大柄な男性。ラティーノとお見受け。(でもわからないですよ)
改装し立て!という雰囲気の店内は広々として、気軽な感じ。
寿司のショーケースもある。メニューには<照り焼きチキン、ビーフ><寿司>など定番
のほかに、焼きソバや<Japanese Curry And Rice>なんてあった。

鉄火巻き。見た目はご愛嬌。
ネタのボリュームが満点。お腹一杯召し上がれ、というメッセージを感じる。
鮮度もよかった。他所でいただくよりお得だと思う。
日本だったら有り得ないかも、ここでは贅沢はいえません。

e0019614_5343167.jpg


e0019614_5345495.jpg

<Tempura Noodle Soup>

海老天ぷら、お約束の超クリスピー、そして大盤振る舞い。何本あるかな?
野菜とミックスなのに、普通はね。
(鉄火巻きのねたの大きさといい
儲けが出るのかしら、と余計な心配をしてしまう。お値段もリーズナブルだし。)

そば、うどん、中華麺の中から選べる、私はそばを。
スープは<アメリカンチキンブロス>味そのもの。
お醤油をたらしても、無駄な抵抗。七味をお願いしたら、やってきたのは
スイートチリソース。でも、辛味でいけるかな、と、投入!
未知との遭遇。
オソバはまあまあだったのですが。
煮干やかつお系おだしは、受け入れられない、それは事実。
この味が、アメリカ産インスタント麺の味だもの。
<しょうがない>

でも、またお邪魔します。ボリュームあるし、カレーも試したい。

そう、CAで嬉々として<ラーメン>を頼んだら<海老天>が具として載っていて
驚いた事もあった。

<しょうがない>
そんなに悪くなかったし。

e0019614_985859.jpg


うどんではありません。誓って<ラーメン>です。醤油ラーメン!
あらためてこうしてみてみると、うどんのトッピングそのもの(笑)

ついでに、一緒に頼んだこの一品。
e0019614_9253899.jpg


私的にはHit!の<不思議な日本料理インアメリカ>
<Spicy Tuna Roll>
たたいたまぐろに、コチュジャン、韓国唐辛子、アジアンチリソース(想像です)で
ピリッ!と味付けしてある。大好きです。

のりを内側に巻いた海苔巻き、あれは未だに馴れることができない。
なぜそんなことを??
[PR]

by nao-mischa | 2007-03-13 00:59 | 食べ歩きJapaneseレストラン
2007年 03月 12日

きのうは




e0019614_8381396.jpg


時々こんな朝焼け





昨日、D(夫)の職場の会食?にお付き合い。

会社からのご褒美、皆さんそれぞれ、家族を伴って。
20人ほどは居たかな。<ハーイ>と微笑みながら(一応ね)席に着き
アメリカには珍しく会話の弾まない中、皆さんの食べっぷりをさりげなく
観察していた。
ほんとに、よく食べる。。
アパタイザー盛り合わせはウイングス、オニオンリング山盛り
ほうれん草ディップ、シュリンプ他
もうそれだけでおなか一杯になりそう。
そしてスープ。続いてメインの大皿。二皿頼む方も。
サラダも大皿。Ranchかチーズドレッシングがたっぷり。

私はドラフト(生)(泡なし)(泣)と、アパタイザーの
<Kickin shrimp>というものをオーダー。
大きいマティーニグラスのような物に盛り付けられてきた。

小エビと千切り野菜をあまめのマヨネーズソースで和えて、なぜかゴマがぱらぱら。
ああ、やっぱり、の味。アメリカンな。タバスコをお願いした。

さすがに今日は写真なし!といったら(皆さんいるので)
こうちゃん、<よかった!>ですって。

殆どの人(彼の同僚)が食べるのに夢中。この雰囲気は私の世界にはないなあ。
等と思いながら、お店を眺めた。好きな雰囲気。
一緒にそれを楽しめる人と来たいものだと嘆息。

突然、差し込んできた強烈な西日が射す店内を眺め
ふと、海の香りのする湿った空気、パームツリーが続くフロリダの
開放的な、華やぎのある世界
ビーチの帰り、少し早いディナーに寄ったリブレストランの光景
などなどが急に甦ってきた。
そのとき傍に居た人には何の感傷もないが、その頃の
未来への勢いというか、希望あふれる世界の自分そして、その世界の匂いが
懐かしさとともに凄い鮮やかさ私を包んだ瞬間だった。




e0019614_912596.jpg

私にとって
この亜熱帯の気候風土、海風が自分の中の素の部分、陽の部分の精彩を増すのは、確か。





今まで色んな世界を後にしてきた。
 ― 自分の決断で新しい世界に足を踏み入れてきた。
初めてのそれは、17の時だったなあ。


<安住>の地
<ここが私の捜していた居場所>なんて無いのだと痛感する。

というのは
時は進み続けている。変わらないものなど有り得ない。
享受したすべてが、まるで指の隙間から砂が零れ落ちるかの様に
少しづつ失われていることを、
何もかも、形を変え続けていることを忘れがちになる、人という生き物。

極論のようだけど、それが
変化し続けてゆく事が、生きることかもしれない、と思う。

そして私は、変化を恐れない。
恐れた事も無い。(筈だ) (笑)

そろそろ、何かが来る気がしていた。


せつなさや苦しみすら命の証 なんでもいらっしゃい! 
生ある限り自分を生きてゆきたい!と
こころのふんどしを締めなおす、この頃。




(日本レストラン食べ歩きを記そうと思ったのだったが。。またね。)
[PR]

by nao-mischa | 2007-03-12 02:42 | 日々
2007年 03月 02日

ついに再訪叶う!思い出の店 里帰りPart6


e0019614_1232687.jpg


こんなのどかな一画に そのお店がある

12/21
今朝も美味しい朝ごはん

里芋と白菜のお味噌汁を母が作ってくれた。あたたまる。
書いていて、また食べたくなってしまった。

e0019614_1312941.jpg

e0019614_1314563.jpg


ご飯の美味しさも、やはり日本。アメリカでもCA産のコシヒカリ種、ササニシキ種
秋田こまちもひとめぼれも手に入るけれど、何かが違う。
炊き上がりが、硬くなってしまうか柔らかすぎかどちらかで炊き立てはいいけれど
少し時間が経つと、団子のようになってしまう。お米は美味しくないと!!
概して日本より小粒。冷ご飯の味で分かる気がする、美味しさが。
色々試したけれど、<田牧ゴールド>がよかったかな。


さあ、きょうも皆で活動開始!母の運転でゴー!
まず、近所の小さな郵便局へ。国際船便の郵送料金表をいただくため。
職員さんは3人ほど。母がアメリカへ(私に)送る際いつもお世話になっている皆さんだ。


e0019614_1573833.jpg

幟も懐かしく微笑ましく 日本の風景

そして転入手続きに<支所>へ。(私はGC保持、米在住の日本国籍で
海外在住中という手続きはしていない。前回、里帰りの時は住まいを閉じるのに
精一杯、住民票移動できず、そのままだったので今回,実家へそれを移したのです)

こんにちは、と入ると職員の方皆さんが挨拶を返してくださる。どうぞお座り下さい、
今日はどんな御用で、とその日本語!と丁寧さに感動してしまった。
見ず知らずの人にも、日本語で話せる、その理由だけで懐かしさと親しみを感じることに
<畳み掛けるような英語>の世界にいたのだなあと、しみじみ感じた。

こうちゃんのパスポート申請のための戸籍は、本籍が此処ではない為とれず。
お昼の後、沼津へ向かう事になった。


こうちゃんとの合言葉 <帰ったら、まず、○○のラーメン>
どんなに焦がれたか、待っていたか。
私の、こうちゃんの、そして我が家族皆の一番のお気に入りのお店。
母の家にそろうと、<○○でお昼にしよう!>父の墓参りの帰りも皆で。


私にとって
<一番美味しいラーメン>は、ここ!いろんなグルメな新しいラーメンもいいけれど
それらを超越した心のふるさとのような、思い出にも溢れた特別な店なのだ。
(ラーメンのもここが一番!)





昭和58年の一月、新しくできたお店があるよ、と雪の降る日
父に連れられて家族で来たのが始めだった。ずっーと前にメニューからなくなったが
父は<ちゃんぽん>を頼んだ事を憶えている。
その父は、2ヵ月後交通事故で亡くなった。(もうすぐ命日ですねお父さん!)

とあるローカルせんの小さな小さな駅の出口、その正面。
<お急ぎの方、ラーメンとラーメンセットは早くできます>なんてメニューにあった。
<中華料理>の赤い暖簾もそのまま。
開店前に行ったのだけど、外にはもう、待っている人が。
急ぎその後に並ぶ。
地元の人々に人気のお店なのだ。入れなかったこともよくあった。

ほどなく、白衣の奥さんが顔を出し、準備中の札をくるりと裏返し
<どうぞ>と。嬉しくて嬉しくて!
何にも、変わっていなかった店内。
いつもNHK、天井据付のテレビ。
赤いカウンター。お冷の機械、その横の雑誌用本棚。
22席程のこじんまりした店内はあっという間に一杯になった。

本棚から、<女性自身>いつもそうしていたように。でも
週刊誌を読むのは何年振りだろう。これもわくわく。
そうして待ち、ついに再会の、この一杯!

e0019614_349149.jpg


此処に来るといつも、決まって<広東ラーメン>
甘さのない、キレのいいスープなんです。
つるつる、プリプリした麺が、気持ちよさそうなくらいタップリのスープに泳いでいる。
最後まで伸びない。
そして、<具>の素晴らしさ、写真でお分かりいただけるかと。
椎茸は丸ごと。肉厚でとろみとスープの美味しい脂をこれでもか!と含んでいるので
あちち!やけどしそうな、でもその美味しさといったら!
白菜もしゃきしゃきでありながら、甘みが出ている。どのお野菜もそう。
素人にはできない業。(プロでもここまでできない人は一杯いると思う)
↓に見える、豚肉さんも。
衣で包まれている。きっとこれはロースかな?溶けるよう。
で、うまみたっぷり。


e0019614_428870.jpg


きくらげ、小エビ、そしてウズラの卵(嬉)は最後にとっておくスペシャル!

なんでもおいしいこのお店。
餃子も一番!

e0019614_4312417.jpg


一人一皿、ぺろりと入ってしまう美味しさ。しつこくなさ。
わたしはご飯も頼み、夢だった
<おいしい餃子と、ほかほか銀シャリ>まで堪能した。

興奮して、こうちゃんと母の頼んだ物の写真を撮るのを忘れてしまったこの日。

別の日に行った時の写真

e0019614_4463780.jpg


近所には、こんな古い店舗跡。

e0019614_5134181.jpg


戦後すぐ?それとも、昭和30年代くらいか?
米軍はその頃、このあたりにもういたのだろうか
(富士の麓にCampFujiが今現在もある)
<波止場>という文字が消えかかっている。飲み屋だったのかな。
この写真を撮るまで気付かなかった。

子供の頃は、ここはこのあたりの子供が集う、駄菓子やだった。
狭い店内、壁をびっしり埋め尽くす駄菓子、ちっちゃな玩具類。
目立つ所にくじ引きがあって、<いじわる>と評判のおばちゃんにお金を払って
ざらばん紙のくじを一枚引っ張る。
はずれ の景品は何だったのかは忘れてしまったが、いつもまぶしく眺めていたのは
丸い串カステラ。お気に入りは<ニッキの皮>
少女の心に訴える<リリアン>の蛍光色。
弟が熱中していた<仮面ライダースナック>のカード集め。(懐!)
これも買う?首を振ると、不機嫌な顔を隠さないおばさんも結構
おもちゃに詳しかったのでは?品揃え豊富で、ないだろうな、というような
弟の欲しい、プラモデルなどびっしりの店内からすっと取り出したりしていた気がする。

あの頃は、引っ越してきたばかりだったのだ。
夜が明けて、初めて見た富士山の威容におびえていた事を思い出す。

このあたりは富士山を望む小さな駅前商店街(だった、というほうがいいかな)
おでんを食べられるタバコ屋さん兼床屋さんもあった。(おでんはないが今も営業中)
床屋さんは弟の行きつけ。
来ると、必ず<おだちん>をもらえるから!10えんとか20えん程度のね。(笑)

壁につけられた簡単なテーブル、赤いドーナツ型パイプ椅子。
あの、いい匂い、思い出す。

時を忘れて入り込んでしまう、郷愁の日々。





車で40分、戸籍を取り、その足でパスポート申請書類提出へ向かい
目に付いたドラッグストアの品揃えにまたまた、狂喜し。

帰り道にある、大型ショッピングセンターで夕飯のお買い物。
すみ石鹸、入浴剤、シャンプー、etc。。
100円ショップでも母がたくさん買ってくれました。。

みんな疲れている様子。
お風呂に入ってゆっくり。

e0019614_645462.jpg


e0019614_651165.jpg


<なんとか地鶏の手羽串>母と おいしそうね、と買ってきたもの。
いやー本当においしかったですよ。アメリカでは食べられない。

水入らず。
<渡る世間は鬼ばかり>を一緒に見ながらいただいた。
こうちゃんは早々に眠っていた。

あちこち回って、疲れたね。
お母さんお疲れ様でした。

2003年 前回の里帰りの際も行った○○ラーメン
[PR]

by nao-mischa | 2007-03-02 01:23 | 日本里帰り2006暮れーお正月