サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 27日

New Mexico Part2



e0019614_023729.jpg



こんな風景が周りにひろがる。
10月のバルーンフェスティバル、July4thなどの時は最高の眺めだよ
と、この家の持ち主の息子さんがゆうべ、案内してくれた時言っていた。

それにしてもしっかりした、ティーンエイジャー。(高校生)感心した。見た目は
きわめて今風、でも礼儀正しくて物怖じせず
アピールや案内も堂に入っている。

まっすぐに、フレンドリーな笑顔で迎えてくれたというかんじ。


e0019614_0353155.jpg



e0019614_036161.jpg



e0019614_036353.jpg



レンズになにかついていたみたいですね。

夜来た時は、街灯がなく真っ暗だった。このあたり。
昼間みてみると、こんなスタイルのまだ新しい家々がある新興住宅地という
かんじのところ。

South west style
だそう。この家はスタイルがあって作りも、各ディテールしっかりしてるとおもった。

e0019614_19134220.jpg


メインダイニングと続くコーナー
リビングは隣にある

e0019614_19153212.jpg


気に入ったキッチン

e0019614_19161937.jpg



何より、窓が大きくおひさまの光と風が感じられることが優先条件。


e0019614_1922359.jpg


家の面積と同じかもっと大きいかというデッキ。
もう少し部屋数が多くて、2階建てなら完璧!


e0019614_19271821.jpg


キャロルが<デザートセージ>だと教えてくれた。

後一軒見て、Dが超スピード決断した。

こんなんでした。

e0019614_19334980.jpg


はたしてどっち?

[PR]

by nao-mischa | 2005-09-27 00:33
2005年 09月 21日

ニューメキシコへ



e0019614_3142674.jpg


     フリーウェイのレストエリアにさくサボテン     ニューメキシコ
         <大陸横断ドライブ>  6/21 2005 



突然、ニューメキシコ州、RioRanchoへの引越しが決まった。
急な展開で、目が回るような毎日が続いていたここのところ。
特に、夫、Dにとっては。(私では諸手続きをこなす、助けにならないからひとりで奮闘している)
ごめんね。。

先週末、超強行スケジュールで、ニューメキシコへ飛んだ。
家を見て、契約を済ませるため。

機内で2回、時計の時間を戻した。
2時間の時差。(東海岸と)


e0019614_3305229.jpg


3時に出て、現地時間7時に到着。
MDとは、まさに別世界。
砂漠と、緑のない山。茶色の世界が夕陽に照らされていた。

e0019614_23533528.jpg


つい、2ヵ月ほど前、MDからCAへ車で旅した時、此処NMも通った。
真夏の砂漠の灼熱だった。
Route40や66を通り、モーテルで泊まるだけの駆け足滞在だったけれど
目を奪われる光景の連続。
岩肌むき出しの山間に並ぶ家々。
エキゾチックで、とても気に入ったばしょだった。

そのとき見たのは、片田舎。今回訪れたのは同じ州でも中心都市。


アルバカーキ空港。

飛行機を降りて不動産エージェントキャロルに迎えられる。

なんと、彼女の車の前輪、パンクしてる。
疲れているのにDとKちゃん、二人でタイヤ交換する羽目に。

夕陽の眺めをチェックするはずが、すっかり日も暮れてしまった。

しかし時間がないので、それでも2軒、見てまわった。

よるご飯はHardeesのハンバーガー。フレンチフライ、揚げたて、目からウロコのおいしさ。


e0019614_23361396.jpg



小さいサイズでオーダーするのを忘れて、その大きさにびっくり。
でも、パティはバーベキューのような、香ばしいあぶり焼きの香り、肉肉していて
お気に入りのバーガーの一つ。

二口食べて冷蔵庫へ。あさごはんか?
(卵かけごはんがいいよ~)

ヒルトンガーデンズ だったかな?ホテル。
夜の空気は、ひんやり。高度600フィート。メートルは?
1000くらいかな?
このアバウトさ。いまだに覚える気がない、数字には拒否反応の私。


e0019614_23563265.jpg


翌朝。
ホテルのロビーから見える街並み。
薄闇の残る6時頃、外でコーヒーと煙草と、朝の空気をたのしみながら
眼下の街を見た。

なんて見事な稜線。
それに囲まれるようにフラットな街灯の数々が朝陽にまばゆく光っている。

ラスベガスみたい。
といったら、Dも頷いた。

空気の匂いが、まったく!!違う。
乾いている。
化粧品、ボディクリーム、シャンプー、すべて変えないといけないだろうなあと思った。
乾燥、日光の強さ。
今住んでいる、MDもそうなのに。さらに上を行く。

日光過敏症(湿疹がでてしまう)で検査中の身の上(笑)なのに。

でも、大好きだ。この空気、からっとした。そしてさすような陽射しと
初めて見る、澄み切った、抜けるようなまっさおな空。


それは見事なほど、青い。


e0019614_0172225.jpg


これは見てまわった中の一軒。
正面に広がる大きなデッキとジャグジーが見える。
ゆうべ見に来たとき、初めてスカンクの匂いを知った。

わかる?
スカンクの匂いがするわ、とキャロル。
コヨーテもいると。

きょうはここまで。
この日の様子、家の写真など、またあとでね。

[PR]

by nao-mischa | 2005-09-21 03:40 | アメリカ国内旅行 
2005年 09月 08日

オットの横顔


e0019614_2250535.jpg





e0019614_5115964.jpg



砂漠に突然あらわれる アウトレットモール  CA アリゾナへ向かう道
         <アメリカ大陸横断 ドライブ 6/29 2005>



Dの娘、リサが彼女の夫フェリックスと旅の途中にここに立ち寄った。

CAに住む彼達。ハワイへ行き、その後車でここ東海岸までドライブ。
ボルティモアへフェリックスのしりあいを訪ねたついでによってくれた。

彼女は今、20代半ば。アメリカであった全ての人の中でもっとも
思慮深さ、落ち着き、慎みも兼ね備えた女性だといつも感じ入る、
いまどき珍しい女性だ。
ここはアメリカの女性らしく、自分をしっかりもった面もあり。
賞賛してやまない私。

時間に限りがあり、Dが気の毒だったがとにかく、皆でディナーをとりに出掛けた。

Joe,s Crab Shack

e0019614_0244856.jpg



何度か来た事のある、気軽なシーフードのお店。
今日は、テラス席だった。

Kちゃんはクラムチャウダー。ロブスターパスタ、カラマリ
クラブケーキ、フィッシュアンドチップスなどシェアしながら。


e0019614_3551952.jpg



私の頼んだ、ダンジネスクラブのセット
ショウジョウバエのような虫の群れがやってきて食べるどころではなかった。

e0019614_404626.jpg


暑い日だった。テラス席は好きだけど、風のない、蒸す日には
考え物かも。

大きな池を囲んだ、これまた大きな
ショッピングモールの一画にある、このレストラン。

陽がようやく翳ってきた。


e0019614_472666.jpg



駐車場まで、ぶらりお散歩。
池の鵞鳥にえさを投げたり。

e0019614_4133960.jpg



リサはDが18の時うまれた。
結婚には至らなかったけれど、ずっと父として
サポートしてきたそう。
家には、彼女の大学卒業の写真が飾ってある。

独身を通してきた(謳歌してきた?)彼、D。

リサをみつめる、Dの様子を見るのが好きだ。


e0019614_425323.jpg



e0019614_5125731.jpg





家で映画を観た後、かえって行った二人。
お泊りのしたく、していたのだけどな。 


リサと二人の時間がほしいよね
と、ソファでバーボンのグラスを傾けるDを眺め、思った。
[PR]

by nao-mischa | 2005-09-08 23:04 | 食べ歩きアメリカン他
2005年 09月 01日

新学期 



e0019614_2123699.jpg


B.Bキングの像  ビジターインフォセンター  メンフィス TN
                     <アメリカ大陸横断ドライブ 6/29 2005>




息子Kちゃんの学校が始まった。
中学生。
入学式がない。気楽でもあり、淋しい気もするなあ。

先日、オープンスクール(体操服などの販売も)があり
校内を見学する機会に恵まれた。
パブリックスクールの充実度は、本当に高いなあと、いつも思う。

e0019614_23531186.jpg


日本でのプライベートスクールのよう。
設備は勿論、安全への意識、対策、教育プログラム...
そしてKちゃんお気に入りのカフェテリア。
「選べるんだ、メニュー」。
きょうはなにを?
「ダブルチーズバーガー!」

ブレックファストもある。働く主婦があたりまえの、ここアメリカならではかな。
ランチ2ドル5セント、スペシャルランチ2ドル65セント
ミルク、クッキー、アイスクリーム、チップスも別に購入可。

栄養バランスと節約の為、と、ランチボックスを手に入れたけれど
出番は当分なさそう。


e0019614_0152084.jpg


(下にタッパーウエア、上に飲み物を入れるようになっている。)

Kちゃんの希望でね。(笑)
彼はすっかり、此処の食生活になじんでいる。

e0019614_030918.jpg


映画や、ドラマでよくみた、あのロッカーを発見。


当初、プライベートスクールに通わせるつもりで渡米した。
日本で、ずっとそうだったので、Kちゃんには公立に入ることは
(ましてアメリカで)狼の群れに投げ込む(大袈裟か)ようなものでは
と思ったこと、そして安全を考えて、だった。

ちょっとしたアクシデントで、90度(180まではいかなくとも)転換を
することになり、パブリックスクールへ。

想像とは全く違い、静かで安全。
非常に行き届いた学校だった。

学力レベルも..
日本のレベルなららくらく、なあんて侮っていたけれど大間違い。
みんな、できる。あわてたりもしたけれど、ラッキーだったとおもう。

ここMDは高所得州のひとつに挙げられる州、
住居費もかなり高い方だと思うが、その地域の納税状況で
変わってくる、パブリックスクール事情を持つアメリカ。

地域格差があることは事実。何も知らず、快適な環境で
素晴らしい学校に通えて、幸運だったなあとしみじみ思う。

教科書は、もらえない。
進級の際に返却するよう。家にも持ち帰らず学校においたまま。

これはちょっと困った。
どんな事を勉強しているのか、わからない。
情報を得る方法はあるのだろうけど。日本でいただいていた
事細かな週報などない。
自分でアプローチしないといけない。

授業参観日、これもなかった。


全米の学校についての詳細な情報が得られる こんなサイトがある。
初めて見たときは驚いた。
ここまで!と。
教科別成績からエスニシティまで。

興味深い。

情報に触れずにすごしてしまう事もできる、
けれどもとめる者へは、
凄い量が開示されているのがアメリカだなあ、と感じる事が多い。
どんな分野でも。



e0019614_003686.jpg


じゃーん!
大成功、とんこつ醤油ラーメン、自作スープです!
ひっさしぶりに、日本のラーメン屋さんのラーメンを戴いた気がした。(涙)

このにおい!!
これよ!
ランチだったのでひとり、狂喜乱舞しながら
あっというまにたいらげた。
色々試したけれど (七面鳥の手羽まで)
今回が一番。
レシピは後ほど。

九州式に煮立てました。濃厚スープ。

食べた後の感じ、胃か体からたちのぼる、あの動物性匂いというか
あの満足感、ラーメン好きの方ならわかっていただけると思う、
うーん、ラーメン食べたあ という気だるさみたいなもの
久し振りに思い出した。

日本に帰ったら行きたいお店
リスト作って楽しみにしている。
なんておいしいものが一杯!日本って。
つくづく思うこの頃。。
[PR]

by nao-mischa | 2005-09-01 00:22 | アメリカ事情 スクール