サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 26日

母からの 航空便



e0019614_0184334.jpg


Bagdad Cafe ? Mojave desert CA Route 40にて 6/22 2005
    マップに Bagdad という地名を見つけた事憶えている そのあたりかな?


時間が経って初めて見えてくることがある。
旅の記憶に関する事もその一つ。
帰ってすぐは、頭の中が混沌としている、ちょうど
荷物の整理が、なかなかはかどらないそんな具合に。

いろんな印象的な場面、思い、そんなものたちが
鮮明に浮かんでくる、輪郭がはっきりしてきた、そんなこの頃。

<フォトギャラリーSanBernardino> きょうアップ予定(マイHP)
   できるかな?。。。。


e0019614_1263798.jpg


7/23日のお昼  美味しかった。
メイドインジャパン マルちゃん昔ながらの中華そば
ノンフライ麺 鶏がら味 日本にしかないこの味。
先日作った、茹でワンタンとブロッコリーで栄養のバランスアップ。

母からの航空便が届いたのです。
       ありがとう。

e0019614_1302048.jpg

この下にグミ、ポッキー、ハイチュウなどのお菓子や
ボーロ、離乳食心づくしの品々
そして本やCDが埋まっている。

今回、アマゾンで注文し配送先を母の住所に
そして送ってもらうという裏技(?)を敢行。

いつもは海外配送料金が一件につき2800円位
更に一冊300円づつ加算される。
中古で欲しかった本もあったので(殆どのそれらは海外発送は不可)
母にお願いする事にした。

でも、これが最初で最後。
母に負担してもらうことになってしまうし、アマゾンは
在庫が豊富、それにびっくりするくらい早く届く。
それに小包が届く時の嬉しさ、真新しい本の手触り。

多少(かなり痛いけど)割高でも仕方ない。

今回Kちゃんへのサプライズ


e0019614_1445685.jpg


彼のお気に入り、そして私たち二人の
共通の趣味。日本にいるときからの。

昭和30年代、古き佳き日本のノスタルジー。
この町にすむ素朴な人々の毎日。

これは3巻。
主人公の一平君一家が引っ越してきた所からはじまっている。
「かあさん、この町が大好き。だって夕陽がとてもきれいなんだもの」


e0019614_1542192.jpg

送っていただいた新茶。
なんて綺麗なライムグリーン色。
とろりと濃厚で新鮮な若葉の薫り。
朝は必ずお茶。

デュラレックス、(コップ)愛用してます。
日本にいる時からずっと。これは
こちらに来てからウイリアムズソノマで購入。
4つの大きさ。
丈夫で価格も手頃。
お茶、コーヒーもこれでいただいてます。





e0019614_224011.jpg


でた~!ゲイシャブランド。
時々こんな楽しい発見がグローサリーストアにある。
今日は時間があればこれでみかんゼリーを作ってみましょう。
[PR]

by nao-mischa | 2005-07-26 02:27 | 昭和 過去への郷愁
2005年 07月 20日

にっぽんの夏




e0019614_2514333.jpg

ニューメキシコ  Route66沿い  (大陸横断ドライブ6/17-7/3 2005より)




ここのところ、ハリケーンのニュースをよく聞いていたし
このあたりも雷、ストームづいていたけれど
昨夜、とうとう停電になった。(おそらく、広範囲にわたって)
約、3時間ぐらいだっただろうか。去年の夏もこんな事があった。
陽が長いのでしばらくはよかったが、本格的に暗くなり始めてから
キャンドルをかき集めた。

長く掛かると思う?
そうだね。

夫とKちゃん(11歳の息子)と薄闇の中、表に出て椅子に座り
蛍のあかりを追いながら時間をやり過ごした。

こんな時は蛍が羨ましい、なんていいながら。

此処に来て、初めて蛍を見た。
暗くなり始めると
地から湧いて出るようにあちこちで光っては消え
また、光る。
しばし茫然。これが、蛍。

折角、この日買ってきた<Buy 1 Get 1 Free>の
アイスクリーム、だめになってしまうなあと、諦めかけた頃
ブーンと音がして電気回復。

停電は、子供の頃を思い出させる。
日本では、今日、滅多にないけれど昔はよくあったものだった。

父を中心に、ラジオ、ろうそく、懐中電灯を揃えて
同じ部屋に集まりろうそくの灯りで夕飯を食べたりした。
テレビの音もなく、家族で色んな話をした。
ピクニック気分。

この日も、そしてところ変われど、D(夫)が采配?を振るった、
停電時、もしもの時の父の存在感。

そんな事も思った夏の日の夕暮れでした。


e0019614_3293348.jpg



チャーハン作りました。
手作りチャーシューと、そのタレも使って。
ねぎ、たまご、レタスの千切り。
美味しくできた。ので、ぱちり。

ジャスミンライスを使うととっても香ばしくなる。
こちら風に、エッグドロップスープを、そして
もう一品、さいころステーキ、余って冷凍してあった、を
添えて。


e0019614_417467.jpg


我が次男坊、ジョシュアです。(そして私。初登場、初めまして)
セーフウェイへセール中のスターバックスコーヒー豆を買いに。
いつもは9.99ドル、今週は5.99ドル!
これは、買いだ!!と、Kちゃんも、3人一緒に。

サマースクール終えたKちゃんとアジアンマーケットへ
かびていた生ラーメンの払い戻しに行き
(がっかり!でしたよ)
バーガーキングでお昼。クーポンがあったので。

その後、お買い物。久し振りにKちゃんも一緒のグローサリー。
彼はあまりついてきたがらなくなってしまっていたのですが。
昨日は付き合ってくれました。

ジョシュア(ただいま、10ヶ月)のダイアリー
<9ヶ月検診の巻>HPにアップしました。
よかったらご覧下さい。



日本の夏、思い出してばかりの今日この頃。
街の雰囲気。渋谷の喧騒。
各店舗から吐き出されるエアコンの排気の凄まじい熱気。
夕方の青山。
まだ明るくて熱冷めやらぬ通りを一本入ったところにある
オープンエアのチャイニーズレストラン
疲れと空腹、汗。
身を落ち着けてのむ、キーンと冷えた生ビール!
泡、かぎりなくきめ細かくて苦味の利いた、でも重くない喉越し。
体に染み渡る感じ
生きる喜びを感じる瞬間のひとつ。

お盆の実家。夕方のかえるの大合唱。
湿気を多く含んだ空気の匂い。
TVを見てあれこれ批評しあいながら囲む、夕餉。
いつも家族で行っていたみんなのお気に入りのラーメン屋。

私にとっての日本、そして、日本にいる大切な人々との距離感と
日本から感じる距離感って、違うのだろうなとふと
思うことがある。
去った というと冷たすぎる。(私が、日本を)
旅立ったというと、格好良過ぎるが、どちらにしても
ある意味、見送ってくれたのだ。
でも、それはそれ。

大切なもの。大切な人々。
自分にとって、は、良くわかっっている。
どうやって大切にしていくかも。だから、大丈夫。

大好きなものを集めた、宝箱を眺めるような気持ちで
私は今、すべてを見ることができる。
愛すべき家族、友人。出逢った人々。
通り過ぎてきた事。
もう戻れない昔。憧憬。


一雨(一嵐?)来そうな暑さです。

[PR]

by nao-mischa | 2005-07-20 05:25 | 昭和 過去への郷愁
2005年 07月 17日

絶品 ヴェトナミーズ ヌードル



e0019614_23245267.jpg


アリゾナの砂漠 ジョシュアツリー


夕陽をあびて輝く、褐色の荒野。
見渡す限り遮るものがない。
人の気配のない荒涼、圧倒的な拡がり
その中をまっすぐに伸びるハイウェイ
ことばもなくただ車窓に目をやりながら一体、いまどこにいるのか
何処へ向かっているのかわからないような気になってくる。

空間、
距離感覚
私の持っていたそれらとは全く桁外れ、異質といってもいい。

それでも、そのうち荒野に不似合いな高圧線の塔が見えてくる。
オアシスのような街ももうすぐだ。

ぽつ
ぽつと
廃屋 朽ちた看板
人の匂いがしてくる

すぐにモーテルの看板、REST AREAのおしらせも
みえてくる

突如として、自然の荒涼に突入したりもしくはその逆。
うなってしまう瞬間。




旅の記録、額に汗しながら編集、更新中です。
フォトギャラリー、その他 こちらもご覧になってね。


e0019614_0255811.jpg



感激してしまった、ランチの一品。
PhoSongLong というヴェトナミーズ レストラン。
チキンクリスピーとエッグヌードル スペシャルスープ入り

ヴェトナム語は、忘れました。憶えようとがんばったけれど。
チキンにはゴマだれも添えてある。
スープ、こくがあって虜になる味。
きっと鶏だけでなくて、豚ガラ、魚介もヌックマムも入っているのでは。
フライドオニオンも
なくてはならない、名脇役。

透明な、上品な味。

麺は、香港で食べた、絶品雲呑麺
あの感じ。極細で、コシがかなりある。

もやしと生青唐辛子、チリソースを入れていただく。

大満足。おーいしい!

このレストランは大のお気に入りの一つ。
清潔感にあふれた店内。
お店の人の接客も、雰囲気もいやみのない
洗練を感じる。

ああ、また食べたくなってきた。
[PR]

by nao-mischa | 2005-07-17 00:47 | 食べ歩き エスニック
2005年 07月 12日

朝ごはん等



e0019614_4164630.jpg


サンベルナルディーノ Route66のたそがれ June 25th 2005



今日も暑い日。
我が長男、Kちゃんは毎朝7時起きでサマースクールへ行っている。
帰ると、近くのプールへ、これが最近の彼の日課。
あしかのように、黒光りしている。
今日はいつもよりはやめに帰ってきたと思ったら
なんと、プールでう○○をしてしまった赤ちゃんがいて終了に
なったとのこと。
Usher,BlackEyed Peas,RobThomasなどがお気に入りの
11歳。

e0019614_4593266.jpg


今日の朝ごはん。フォーガー。
本当は鶏スープそうめん にしたかったのだけど、お醤油をきらしてしまい
この一品に。
フライドオニオン、ハーブ、もやしなどあればもっと
おいしくいただけたかも。

鶏白湯のよう。骨付きもも肉(安価で手に入る)をけっこう
ぐつぐつと煮出した。
生姜も入れて。
スープも飲み干しました。
朝ごはんこちらもよかったら覗いてみてください。

[PR]

by nao-mischa | 2005-07-12 05:25 | その他我が家の食卓
2005年 07月 10日

旅先のゆで卵

e0019614_171657.jpg

モハビ砂漠 熱風の吹く


旅行中にしきりに思ったのは、やはり日本食の事。
日本で旅行したときですら、帰ったらこれが食べたいというものがあった。
食べなれている、どこそこのラーメンだったり、ざるそばだったり。
話は違うけど、温泉へ行ったとき夜中にラーメンが食べたくなるのはなぜだろう?
深夜営業の、ひなびたようなラーメン屋さんを見つけて真夜中にすするラーメン
あの美味しさって!


旅行中は朝はモーテルのフリーのコンチネンタルブレックファースト。
といっても、ごく簡単な、トースト、ベーグル、シリアル、
デニッシュなどにジュース、コーヒーなどの飲み物。
フロント前に用意してあるものをプラスチックカップとお皿にとってくる
そんなスタイル。
ときには、ワッフルメーカー、フルーツ、ソーセージビスケットなど、
ちょっと気の利いたところも。

e0019614_113092.jpg

こんなです。息子、Kちゃんの朝ごはん。


朝はしっかり食べたい、和食党の私にとってちょっとつらかった。
苦肉の策。
卵をグローサリーで買い、モーテルのコーヒーメーカーで茹で卵を作った!
2回ほど。温度がモーテルによって違い、温泉卵になってしまったことも。
(コーヒーメーカーないところもありました)
さらに、持参した日清チキンラーメンを、作ったり。
コーヒーポットのなかのラーメン、なかなか面白い眺めでした。
写真撮ればよかったな。。


昨日は、D(夫です)近くの<ICHIBAN JapaneseKoreanRestaurant>へ
連れて行ってくれました。
途中、実録版COPSに遭遇。
逮捕されていた3人のわかもの。 初めて本物を見ました。
(TVのCOPS、ご存知ですか?)


私が選んだのはこちら
e0019614_113235.jpg




ユッケジャンスープ。
アメリカに来て初めて、日本にあったような韓国料理店だった。
お寿司などもあって値段設定は今迄で一番高かった。
儲けてますね、と言う感じ。
美味しかったけれど。ひっさしぶりのこの味。
Kちゃんはうな丼。Dはシュリンプ天ぷらうどん。
一生懸命はしでうどんをつかもうと格闘していた。

ジョシュア(10かげつの息子)はうどんをもらってご機嫌。



旅行の記録、編集中ですが写真選びってこんなに神経集中させる
ものだなんて知らなかった。

ハリケーンデニス(?)はいずこに。
よく晴れた土曜日です。

[PR]

by nao-mischa | 2005-07-10 01:14 | 食べ歩き エスニック
2005年 07月 06日

大陸横断ドライブ かえって来ました!そして祝 初ブログ





e0019614_23582798.jpg

         CAの入り口 砂漠のガスステーション




おととい、かえって来ました。
MDから、バージニア、テネシー、アーカンソー、オクラホマ、
       テキサス、ニューメキシコ,アリゾナ
    そして、カリフォルニアへのドライブ旅行。
      11歳、10ヶ月、二人の息子、夫と一緒の。

     う~ん、まだ言葉にならない。
     圧倒された。
ぼおーとしたまま、荷物の整理もまだ。
どの写真を、まず使おうか、迷う前に
     えいっ!と決めてしまった。
   たーくさん撮ってきた。デジタルのよさですね。

    Route66のノスタルジー
    片田舎のアメリカの表情
     初めての灼熱 イン デザート
    砂漠の荒涼 夕景 どこまでも続く地平線
    グランドキャ二オン 
     地域によって様変わりする人々.その表情!

    
e0019614_2359161.jpg
  

乞う、ご期待!


   
[PR]

by nao-mischa | 2005-07-06 00:00 | アメリカ国内旅行