サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食べ歩き エスニック( 5 )


2006年 07月 19日

外食大好き


e0019614_1261155.jpg


<VIET RICE>


Rio Ranchoの、何気ないショッピングセンターの一角にあるヴェトナミーズレストラン。
小さなお店だけど、なかなか小洒落た造りなんです。

店員さんのヴェトナム語が響く静かな店内。
照明は暗め。

何か、新しいメニューに挑戦しようと、いつも思うのだけど
この日もこれでした。。

e0019614_1545586.jpg


チキンヌードルスープ
生もやし、青唐辛子、香菜、ライム添え。

チリソースと香菜をたっぷり。
ここは、生野菜を入れてもスープがぬるくならない。こくがある。

Egg Rice Udon の3種類の麺、具もチキン、海老、ポーク、蟹、トーフが選べる。
私はいつも、Egg noodles と海老。
6.50ドルなり。

フルーツシェイクもおすすめ!
マンゴ アボガド イチゴ ドリアン ジャックフルーツ というバラエティ。
アイスティは、甘くない!これは嬉しい!更にちゃんとお茶の風味が強い。

Kちゃんの頼んだフライドライス。
<ナシゴレン>風の香り、エキゾチックな味でこれも美味しい。

是非、次回は <Rice Dish>にトライしたい。
味付けが
カリー、スパイシーレモングラス、ジンジャー
具が チキン、海老、ビーフ、ポーク、トーフから選べて、ライスといただくもの。
絶対に美味しいと思う!
あと、Hot Clay Pot。(お鍋)

私にとって、アメリカで食べられる食事の中で、一番
しっくりくる、ほっとする料理の数々。
かなり、アメリカ向けにアレンジされているのはちょっと残念、でも仕方ないのかな?
私としては、もっと癖の強い味が嬉しいけれど。
お客さんの殆どは、白人。箸を上手に使ってお召し上がり。
でも、なぜ、皆、ご飯に醤油をどばっ!とかけるのか?あれは怖い。

心のオアシス (笑) ヴェトナミーズレストラン 万歳!





e0019614_2471910.jpg


ICHIBAN RESTAURANT


その名も、<一番>
Japanese Restaurantですよ!
ご多分に漏れず、こちらも韓国系(?)日本レストラン。
かなり広いスペース。おくには寿司カウンターがあり、ショーケースの向こうに
職人さん(?)が、腕を振るっている。

お寿司、なかなかいけます。スパーシーツナロールという
まぐろのたたきに、店独自の辛いソースを混ぜてある巻物。
コチジャン?アジアンチリソースの風味も。あめりかでは一般的なメニュー。
目からウロコの美味しさでした。

写真は、天ぷらうどん。
<加ト吉>の冷凍うどんの様な、こしのあるうどんは癖になる。
天ぷらは、Extraクリスピー。
私はこれにライスをつける。
ジョシュアもこれは大好き。
8ドルくらいだったかな。
かまぼこが付いてくるのです、これが嬉しい。。



e0019614_6355682.jpg



ランチの<サーモン照り焼きセット>Kちゃんのオーダーしたもの。
照り焼きといっても、日本のそれとは別物の味。とろみが強く、甘い。
でも、Kちゃんの大好物。

此処には少しだけど、韓国料理があるのも嬉しい。
プルコギ、ピビンパプ、ディナーには、大好物のユッケジャンスープも。


e0019614_22373148.jpge0019614_2241147.jpg
















混ぜるほどにおいしくなる。
お店のお姉さんが<キムチは?>もちろん、いただきました!
コチジャンも。

e0019614_22484937.jpg




日本で食べていたような餃子は
ここではお目にかかれないけれど、これは
なかなか!
ご飯が進む味。


ここのほかの日本食には
とんかつ、やきそば、天ざるそばなど
前菜の枝豆などもある。




日本でいただいていた食事や、レストラン巡りの楽しさなど
思い出さない日はない!毎日。
勿論、それに付随する大切な人々との楽しい思い出と共に。

値のはる、素晴らしいお料理だけでなく、スーパーのお惣菜
コロッケ、ポテトサラダ、赤いウインナーなんてものが懐かしい。
しらすおろし、しょうゆをたらして。あさりも長い事、口にしていないなあ。
酒蒸し、ガーリックのきいたボンゴレ。。。きりがない。

メモ帳に<行きたい店><食べたいもの>リストを作ってみたりしている。

それでも、ここで<近い味>を見つける事も
胸躍る(笑)発見だ。

e0019614_122133.jpg


鮨文
これこそ、寿司!本当に美味しい!
こんなに美味しいお寿司は、やはり、ここにはない。

日本を発つとき(2003年 9月某日) 友人達が開いてくれた集まり。
みんな、元気かな?
[PR]

by nao-mischa | 2006-07-19 07:29 | 食べ歩き エスニック
2005年 12月 19日

食 このごろ


e0019614_23182111.jpg



瑞々しいもやし レタス チリ 香草
これは添え物


e0019614_2340340.jpg


このヌードルに入れていただく。

ヴェトナミーズレストランの、これはシーフードエッグヌードルスープ。
お米のメンも選べる。

ラーメン大好きの私にとってこれが、お気に入りの一品です。

生の青唐辛子もシャンツアイのかおりもすき。
チリペーストたっぷり、ライムをしぼって。

e0019614_013970.jpg


このお店。ドライブ中に偶然見つけました。

あと、RioRanchoだけれど、<Viet Rice>という
カフェ風のしゃれた内装のお店もよくいく。近いので。



e0019614_0214854.jpg 
 

e0019614_0221084.jpg


















ここもスープはチキンかビーフかが選べる。
いつもチキン。こくがあって生き返る思いだ。
でも、ビーフも試したいなと思っている。
コラーゲン一杯だったので、MDでよく言っていたヴェトナミーズ
レストランでは。

右の写真は海老のすり身をサトウキビに巻いたもの。
ライスバミセリを揚げたものと各ハーブを
レタスに巻いて食べる。

あと、中華とヴェトナミーズのミックスのレストラン、2軒見つけた。

e0019614_0574615.jpg


<Ming Dynasty>
ここ、アメリカに来て初めて<フカヒレスープ>がメニューに載っているのを
見つけた!まだ試してはいない、なにせ<時価>だ。


e0019614_101831.jpg


海老とワンタン入りエッグヌードル。
香港の味。

e0019614_114319.jpg


ハウスチャウメン(五目)
MDでは、あんかけとライスだったけど、ここでは
揚げたメンと一緒。

白いソースを期待していたのですが、ブラウンそこってりでした。でも
美味しかった。

ラー油タップリかけるのが好きです。テーブルにラー油の瓶があり
それだけで感激。

いつも、<皿うどん>を懐かしみながらチャウメイン、いただいています。




e0019614_1221417.jpg



<バナナリーフカフェ>

e0019614_1242923.jpg



e0019614_1244960.jpg



9月に家購入のため来た際に寄ったおみせ。
トムヤムクン。
フレッシュトマト入り、これはとても、よかった!

そして、シュリンプチャウメイン。
また食べたくなってしまった。一味、一段?上のお料理とおもった、ここは。
すこしだけ、割高だけど。

不動サンのキャロルも一緒に、彼がここで購入を決断したため
彼女の支払いに。 ごちそうさま!!


e0019614_7301142.jpg


アメリカ料理のブッフェ
なかなか、侮れないお味です。

フライドチキン、ビーンズ、ミートローフ、マッシュポテトアンドグレービー、
マカロニアンドチーズ、まだまだ沢山の食べきれないほどの種類
2,3種類のスパゲッティ、スープも日替わりで2種類
サラダ類も新鮮でドレッシングも豊富。
オリーブオイルも檸檬もある。

どれも、ブッフェと思えないおいしさ。
デザートもいっぱい。

e0019614_21452873.jpg



この日は<タコス>がなく、(ハンバーガーーでした)
野菜一杯のタコライスを作ろう!と
勇んでいったのだけど。
代わりにミートソースで。
このミートソースもトマトのフレッシュさがきわだつ美味しさ。
しつこくないのでライスにも合っていて、このオリジナルベジタブルライス
美味しかったですよ。

e0019614_2152419.jpg  e0019614_21522638.jpg


















2回目のお皿。コーン、甘かった。はじけるようで。
そして、キーライムムース。
スパゲッティはアメリカ式、茹ですぎ(おきまりの)だけど
よしとして。

ご老人が多いと思ったら、デイスカウントがあるよう。


e0019614_2251095.jpg



<Olive Garden>
一歩入るとうーん、チーズの匂い。
これは前菜のカラマリとスタッフドマッシュルーム

カラマリ、ごめんね、まるで紙のように薄いイか
食べるほどいかは?どこ?
物足りなさを感じてしまった
アメリカの人は概してイカはあまり食べないししかたないかな?

パスタはチーズ ORクリーム味をさけて
海老とガーリックオイルをチョイス。
でもやっぱり、何だかこってり味。私には。

アサリと、唐辛子にんにく、EXバージンオリーブオイルの
アルデンテのパスタが恋しいな。

あと、<一丁目>の
イカ明太キムチすぱ。のりの千切り、つぼ漬けが添えられた
七味をかけて。

おいしいよね!
[PR]

by nao-mischa | 2005-12-19 23:20 | 食べ歩き エスニック
2005年 11月 27日

New Mexicoの 太陽



e0019614_3324457.jpg


   朝陽を背に見晴らす ご近所     



こんにちは!
この、2-3週間忙しくしてました。




e0019614_45466.jpg


夫と一緒にグリーンカードの面接。

e0019614_465379.jpg


晴々とした気持ちで撮った一枚。

校長先生のような面接官だった。
Congractulations! 
長かったなあ でもとりあえず此処まできた、と
どこでもはためいてる、星条旗を見上げた。


e0019614_185912.jpg


この日のディナーはインド料理店
ナンやパリパリしたなにか(名前忘れました)
チキンビンダルウも絶品!




引越し準備、Kちゃんのバースデー、アンドFarewellパーティー。

e0019614_2193796.jpg




レッドロビンにて
この後、近くのムービーシアターへ

みんな、終わってからもうちに来て一緒にいた、暗くなっても。
良い仲間にあえてママも幸せだよ
いつも、外でみんなと遊んでたKchanの楽しかった日々。


e0019614_1313971.jpg
e0019614_1321043.jpg


D.C. の秋

ジョシュアの日本のパスポートの申し込み、無理をお願いして
フライトの前日に交付していただきました。

(D.C.の日本大使館の方、ありがとうございました。
やはり、日本は違うなあと、乾いた心に沁みるよう(大袈裟!でもほんとに)
だった、対応の丁寧さ易しさが)。
住所変更もしていただき、お世話になりましたと
日本式におじぎをした。心をこめて。



Kちゃんの学校へひっこしの手続き
MDの家を貸しに出すプロセス
引越し、フライト。

みんなへありがとうとさよならを伝えて。

e0019614_1424678.jpg





Kちゃんと二人で渡米。
以来2年間、暮らしてきた彼の地。

胸に迫るものがあった。



15日にフライト。
すぐに転校手続き。

荷物が届くのに5日か6日かかった。

さよならMDの日々、もうちょっと詳しく記したいけれど
今日は此処までに。  (早くアップしたいのですとりあえず)



NM,アルバカーキの太陽は強烈。
標高がかなり高いらしい。
眼がくらむほどだ。

なので

朝陽と夕陽の美しさ、圧倒される。

e0019614_156730.jpg


(レンズのお掃除必要?)


e0019614_1572416.jpg


青空も

e0019614_1594758.jpg


Kちゃんの新しい学校
ドレスコードがあるんですよ 結構厳しい。

日本のプライベートスクールのような充実、いい学校という印象をうけた


e0019614_25317.jpg


e0019614_252124.jpg


着いた当日の夜
タイとチャイニーズ、ミックスのレストランに彼が
連れて行ってくれました


乾燥がひどく、静電気と戦っています。

[PR]

by nao-mischa | 2005-11-27 03:28 | 食べ歩き エスニック
2005年 07月 17日

絶品 ヴェトナミーズ ヌードル



e0019614_23245267.jpg


アリゾナの砂漠 ジョシュアツリー


夕陽をあびて輝く、褐色の荒野。
見渡す限り遮るものがない。
人の気配のない荒涼、圧倒的な拡がり
その中をまっすぐに伸びるハイウェイ
ことばもなくただ車窓に目をやりながら一体、いまどこにいるのか
何処へ向かっているのかわからないような気になってくる。

空間、
距離感覚
私の持っていたそれらとは全く桁外れ、異質といってもいい。

それでも、そのうち荒野に不似合いな高圧線の塔が見えてくる。
オアシスのような街ももうすぐだ。

ぽつ
ぽつと
廃屋 朽ちた看板
人の匂いがしてくる

すぐにモーテルの看板、REST AREAのおしらせも
みえてくる

突如として、自然の荒涼に突入したりもしくはその逆。
うなってしまう瞬間。




旅の記録、額に汗しながら編集、更新中です。
フォトギャラリー、その他 こちらもご覧になってね。


e0019614_0255811.jpg



感激してしまった、ランチの一品。
PhoSongLong というヴェトナミーズ レストラン。
チキンクリスピーとエッグヌードル スペシャルスープ入り

ヴェトナム語は、忘れました。憶えようとがんばったけれど。
チキンにはゴマだれも添えてある。
スープ、こくがあって虜になる味。
きっと鶏だけでなくて、豚ガラ、魚介もヌックマムも入っているのでは。
フライドオニオンも
なくてはならない、名脇役。

透明な、上品な味。

麺は、香港で食べた、絶品雲呑麺
あの感じ。極細で、コシがかなりある。

もやしと生青唐辛子、チリソースを入れていただく。

大満足。おーいしい!

このレストランは大のお気に入りの一つ。
清潔感にあふれた店内。
お店の人の接客も、雰囲気もいやみのない
洗練を感じる。

ああ、また食べたくなってきた。
[PR]

by nao-mischa | 2005-07-17 00:47 | 食べ歩き エスニック
2005年 07月 10日

旅先のゆで卵

e0019614_171657.jpg

モハビ砂漠 熱風の吹く


旅行中にしきりに思ったのは、やはり日本食の事。
日本で旅行したときですら、帰ったらこれが食べたいというものがあった。
食べなれている、どこそこのラーメンだったり、ざるそばだったり。
話は違うけど、温泉へ行ったとき夜中にラーメンが食べたくなるのはなぜだろう?
深夜営業の、ひなびたようなラーメン屋さんを見つけて真夜中にすするラーメン
あの美味しさって!


旅行中は朝はモーテルのフリーのコンチネンタルブレックファースト。
といっても、ごく簡単な、トースト、ベーグル、シリアル、
デニッシュなどにジュース、コーヒーなどの飲み物。
フロント前に用意してあるものをプラスチックカップとお皿にとってくる
そんなスタイル。
ときには、ワッフルメーカー、フルーツ、ソーセージビスケットなど、
ちょっと気の利いたところも。

e0019614_113092.jpg

こんなです。息子、Kちゃんの朝ごはん。


朝はしっかり食べたい、和食党の私にとってちょっとつらかった。
苦肉の策。
卵をグローサリーで買い、モーテルのコーヒーメーカーで茹で卵を作った!
2回ほど。温度がモーテルによって違い、温泉卵になってしまったことも。
(コーヒーメーカーないところもありました)
さらに、持参した日清チキンラーメンを、作ったり。
コーヒーポットのなかのラーメン、なかなか面白い眺めでした。
写真撮ればよかったな。。


昨日は、D(夫です)近くの<ICHIBAN JapaneseKoreanRestaurant>へ
連れて行ってくれました。
途中、実録版COPSに遭遇。
逮捕されていた3人のわかもの。 初めて本物を見ました。
(TVのCOPS、ご存知ですか?)


私が選んだのはこちら
e0019614_113235.jpg




ユッケジャンスープ。
アメリカに来て初めて、日本にあったような韓国料理店だった。
お寿司などもあって値段設定は今迄で一番高かった。
儲けてますね、と言う感じ。
美味しかったけれど。ひっさしぶりのこの味。
Kちゃんはうな丼。Dはシュリンプ天ぷらうどん。
一生懸命はしでうどんをつかもうと格闘していた。

ジョシュア(10かげつの息子)はうどんをもらってご機嫌。



旅行の記録、編集中ですが写真選びってこんなに神経集中させる
ものだなんて知らなかった。

ハリケーンデニス(?)はいずこに。
よく晴れた土曜日です。

[PR]

by nao-mischa | 2005-07-10 01:14 | 食べ歩き エスニック