サンオブニューメキシコ <アメリカ暮らし>

naomischa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカで 日本食を作る( 4 )


2006年 06月 22日

母からの航空便

e0019614_0515669.jpg


やっと<タンシチュー>の巻書き終わって、ほっ!
疲れました。やっと次の話題にいけるぞ!
と、いうことで、これは少し前に母から届いた日本物資、開けたところです。

新茶3袋。(涙)
お願いした、お醤油のおせんべい。



e0019614_0585635.jpge0019614_0592877.jpg

















Kちゃん大好きなぷっちょ、ハイチュウの数々。
右は、アメリカでのラーメンライフを助けてくれるラーメンスープ、各種。
これもお願いしたものですが、こんなに一杯送ってくれるなんて。。。

鶏がら醤油、とんこつ醤油、鶏がら塩味そして
上のほうにある黒い袋はローカルな、子供時代からの馴染みのスープ。
懐かしさに涙が。

e0019614_1194580.jpg


わさびふりかけ、重くなるのでとジップロックに詰め替えてね、と。
ラーメンスープでかなり重くなってしまった(写真は全部ではないのです)ようで、
今回も郵送費がかさんでしまい、申し訳なくありがたく。

大田胃散。これがあると、安心なんです。
柚子フレーク、青しそフレークまで入れてくれた。

そして、これ!

e0019614_1243067.jpg


夢に見た、この<雪印チーズ> 日本の味、郷愁のチーズ。
パッケージのイラストは変わってしまったんですね。

クール便でもないのに問題なく届きました。
もう、狂喜乱舞!

この日はさっそくこんな懐かしいおつまみを。

e0019614_129435.jpg


チーズサラミ。
このチーズの味はここにはない! なめるように味わっていただいた。

そんな事をいったら、1週間後に追加の荷物といっしょにまた、送ってくれた
おかあさん。

今も冷蔵庫に入れて大事にいただいています。

このチーズ、父も好きだった。
晩酌のお供は、<このチーズかまぐろの赤身があればいい>が口癖で
私も小さい頃は食卓であぐらをかく、父の丹前の懐に入り込んで
分けてもらっていた記憶がある。
枝豆とか、ビールもちょっぴり(!)(内緒)

私が18の時、突然他界した父。
父と共に過ごした年月を超えて、いまもこうしていること、
あと何年かで、父が命を全うした年齢に追いつくこと、何年経っても
色褪せない父の存在、年を降る毎に鮮やかになる、
家族での懐かしい思い出。
不思議におもう。  どこにいても。



e0019614_157670.jpg
e0019614_157361.jpg















地方のグルメ情報雑誌。
懐かしい店、新しいお店、日本の美味しい食べ物の沢山の写真、
今は叶わないけど、里帰りの暁には。。。と、たのしんでみています!

そして、日本の私の本棚(母の家の)からお願いして送ってもらった
1993-94頃購入、以来の愛読の書。

e0019614_2112477.jpg



<ユン ドン チュ 青春の詩人 > ソン ウ へ著  伊吹 郷 訳  筑摩書房


ユンドンチュの縁者にあたる著者による、詩人の背景、歴史、詩作、生涯が綴られた
韓国出版の本の、抄訳。
 <空と風と星と詩 影書房>は、作品の数も背景も、より詳しい。

私が惹かれたのは、まさに、詩にかがやく、<清冽さ>だった。


序詞

死ぬ日まで空を仰ぎ
一点の恥辱(はじ)なきことを、
葉あいにそよぐ風にも
わたしは心痛んだ。
星をうたう心で
生きとし生けるものをいとおしまねば
そして私に与えられた道を
歩みゆかねば。

今宵も星が風に吹きさらされる。



生への強い覚悟。それを支えているのは、ただ
きよらかなこころ。
空を見上げている作者の真っ直ぐな視線。


その頃私は
日記帳は<アピカ>の縦書きの<100年>?<1000年>?ノートと決めていて。
新しいノートをおろすたび、この詩を最初に丁寧に万年筆で書いていた。

今回、久し振りに読み返し、鳥肌が立って涙した次の詩、
長くなるけど引用します。


星をかぞえる夜

季節の移りゆく空は
いま秋たけなわです。

わたしはなんの憂慮(うれい)もなく
秋の星々をひとつ残らずかぞえられそうです。

胸にひとつ ふたつと刻まれる星を
いますべてかぞえきれないのは
すぐに朝がくるからで、
明日の夜が残っているからで、
まだわたしの青春が終わっていないからです。

星ひとつに 追憶と
星ひとつに 愛と
星ひとつに 憧れと
星ひとつに 母さん 母さん、

母さん、わたしは星ひとつに美しい言葉をひとつずつ唱えてみます。小学校のとき
机をならべた児らの名と、ぺエ、鏡(キョン)、玉(オク)、こんな異国の乙女らの名と、
すでにみどり児の母となった乙女たちの名と、貧しい隣人たちの名と、鳩、子犬、兎、
らば、鹿、フランシス.ジャム、ライナー.マリア.リルケ、
こういう詩人の名を呼んでみます。

これらの人達はあまりにも遠くにいます。
星がはるか遠いように、

母さん、
そしてあなたは遠い北間島(プッカンド)におられます。
わたしはなにやら恋しくて
このおびただしい星明りがそそぐ丘の上に
わたしの名を書いてみて、
土でおおってしまいました。

夜を明かして鳴く虫は
恥ずかしい名を悲しんでいるのです

しかし冬が過ぎわたしの星にも春が来れば
墓の上にみどりの芝草が萌えでるように
わたしの名がうずめられた丘の上にも
誇らしく草が生い繁るでしょう。


     訳 伊吹 郷




この本を、母の送ってくれた包みから出した時
懐かしい実家の匂いがした。
思わず、本を顔に寄せた。
微かに、わたしとKちゃんで住んでいたマンション-渡米に伴い
閉じたわたし達の住まいの匂いも残っているような気もした。
[PR]

by nao-mischa | 2006-06-22 01:00 | アメリカで 日本食を作る
2006年 05月 09日

こちらは朝です おはよう !



e0019614_2124444.jpg



朝ごはん。
息子Kちゃんも大好きな白菜浅漬けです。
柚子フレーク入り。そして厚焼き玉子。
みりんと おだし。

今朝は何をつくろうか?
ゆうべ2時半に目が覚めてしまい、そのまま
美しい朝を迎えたのです。いま、六時半。
これをアップしてご飯をつくってKちゃんを起こそう。

鳥のさえずりがきこえて
目が痛いほどの朝陽です。

きょうはなんとしても
たまってるネタ(?)をひとつでも。。。
では、朝ごはんにいきます!
[PR]

by nao-mischa | 2006-05-09 21:39 | アメリカで 日本食を作る
2006年 01月 06日

New Year



e0019614_1205038.jpg


   2006年 初日を(強烈な)浴びて輝く おせちの筑前煮(もどきかな?)


遅くなりましたが
新年のお慶びを申し上げます。

どんな新年を過ごされたのかな?
<みのもんた 宙を飛ぶ>
など、MSNのニュースで見たけれど、レコード大賞の歌手も
紅白に出場した皆さんの名前も殆ど分からず。。

それでも、観たかったな。



Dはそんなに日本料理は好きではないし
Kちゃんも御節は好きでないのを知っていたけれど
無性に作りたくて自分なりに作りましたよ。


e0019614_0162935.jpg



ちょっとぼけていますが。お雑煮!
皮、骨付き鶏もも肉のジャンボパックを買って
大晦日、じっくりとスープをとり、母が送ってくれたかつお削り節と
インターネットでもとめた干ししいたけ、出し昆布(これが決めて)の
御だしとあわせ
みりん、醤油を。

e0019614_027169.jpg


干ししいたけを戻す、の図。
含め煮も作りました。
厚くて風味豊か。
Dは一口挑戦、頷いてすぐ私によこした(笑)

あぶらがきらきらするくらいのスープ、美味しい。

乾燥柚子をあしらい。

大根も白菜も此処で手に入りました。
白菜、ちゃんと冬の、水分たっぷりの旬でした。おいしい!


e0019614_024409.jpg



e0019614_0252398.jpg


こちらの中華ではアパタィザーとして人気の<クラブワンタン>
アメリカの人はこれにスイートプラムソースなどつけている。

Dの好物。

残念ながら蟹肉缶、見つからず
蟹をむき身にする時間もなく

こんかい、ロブスターワンタンにしよう!と決めました。

e0019614_036725.jpg



8ドルちょっと、ロブスターテ-ル。
蒸して、手で割いて
クリームチーズ、サワークリーム(さっぱりする)
ねぎ、檸檬汁、ウースターソース少し
少し白だしとチャイニーズチキンパウダーを。

そして油で揚げました。

やっぱり蟹肉の方がよかったかも。
奮発したロブスター、風味が感じられなかった。

でも、これはおすすめ!

そして、

左の普通のステーキ肉で、たたきを作った。
つよびで焼き付けて、(塩コショウの後に)
みりんしょうゆ、ゆずこしょうのたれに、ジュー
粗熱取れてから、スライス。

食べる時にまた、お好みでたれをかけて。
少し、ポン酢風味もきかせるのが好きです。


e0019614_12524896.jpg


これ、見た目より美味しかった!





そんなふうにあっという間にお正月気分インアルバカーキは過ぎ。

Kちゃんの学校もすぐに始まった。
日本の大雪のニュースを横目に。

夢で、もう忘れていた、子供の頃の
ささやかな宝物がありありと脳裏に甦った。

人から見れば、なんでもないであろう、ビニールで出来た
メモはさみ。はなの絵がついた。

宝物、として長い事大切に持っていたもの、ほんとにわすれていたのだけど。


あと、勉強机。
引っ越すので、捨てなければ、と思っていたら
母が、父が
いいよ、持っていきたいものは何でも持って行こう!

と、笑って言ってくれた。
嬉しかった。





最近、<夢の中の、私の懐かしい世界>むかーしから
続いている、一つの同じ世界、なぜか懐かしく
また帰ってきた、と思うその場所。

よく、そこへいくなあ。

アメリカ行きなど考えもしなかった若き頃から
そこには、アメリカのニュアンスがあった、海岸だったり
夕陽の中の映画館まえの行列など。

ミックスなんだけどね、日本、あと、私は韓国と信じて疑わない
夕暮れのアパートメント街。

あと、背中におぶわれた私の目に鮮やかな色とりどりの極彩色のストライプ。
おぶっている女性の服のもよう。

田畑の中を一本走る、細い道。夕日に照らされた。

これはかなり昔からの記憶、夢の世界。


そんな温かい自分の世界。
何かが、帰ってらっしゃい此処へ、といっている気がする、
前から思っていたけど、そこはきっと天国。

生死に関しては、
私は這ってでも生きなければ、などというきもちは、ない。

命尽きる時、そのときが
全うした時だろうと。
病気に限らず。不慮の事故でも、。


早過ぎる死も、生き過ぎもない。とおもう。

そうでなければ、救われないし
どの人も命を終えるときは、
生の歓びも、やりきれなさすら、
人々の持つ、エネルギーを燃焼尽くした時では。

そんな事をふと思うこの頃。

朝、目覚めてねぼけながら日本茶をいただき
明けてゆく空を見るとき
また一日がはじまったんだ!と

今の私には日々が、新しい命だ。
[PR]

by nao-mischa | 2006-01-06 12:01 | アメリカで 日本食を作る
2005年 12月 31日

お正月




e0019614_15283980.jpg


これです、お重。
29ドル、高いのかお得なのか、わからないけど。
気に入ってます!

お豆、にしめ、出し巻き、かまぼこ
つくね
クラブワンタン
ヴェトナム揚げ春巻き
蒸し海老か、フライ。
つくね
チャーシュー
野菜料理をもう一つかんがえよう。
[PR]

by nao-mischa | 2005-12-31 15:29 | アメリカで 日本食を作る